B型・C型肝炎・肝臓外来

肝臓B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルスが発見されてから、肝炎診断、肝炎治療は大きくかわってきています。
従来はインターフェロンがウイルス性肝炎の唯一の治療法でしたが、新たな抗ウイルス剤(ラミブジン、アデフォビル、エンテカビルなど)が次々と研究、開発され治療効果を上げています。
また、肝がん治療においても従来は手術が唯一の治療方法でしたが、エタノール注入、ラジオ波熱凝固療法などの新しい治療方法も確立されてきています。

肝炎の種類

肝炎は大きく急性肝炎と慢性肝炎の2種類に分けて理解する必要があります。
急性ウイルス性肝炎の多くは、全身倦怠感、発熱、肝機能障害は重度ですが2~3ヶ月の経過で治癒します。

しかしA型急性肝炎やB型急性肝炎の一部には重症化、さらには肝臓移植治療を必要とする劇症化を起こすことがあります。

急性肝炎は、早期に入院、安静、加療が必要な病気です。
急性肝炎を起こすウイルスには、A型肝炎ウイルス、B型肝炎ウイルス、E型肝炎ウイルス、EBウイルス、サイトメガロウイルス、アデノウイルスなどがあります。

点滴慢性肝炎は自覚症状はほとんどありませんが、数十年と長く肝炎が続きます。
慢性肝炎を経て肝硬変へ至る事があり、病状に応じた適切な治療を必要とします。
慢性肝炎を起こすウイルスのほとんどはB型肝炎ウイルスもしくはC型肝炎ウイルスです。
アルコール性肝炎、自己免疫性肝炎、原発性胆汁性肝硬変症(PBC)なども慢性肝炎の原因です。
原因により治療方法は全くことなりますので、肝炎の原因を的確に診断することが大切です。

B型慢性肝炎の治療

B型肝炎ウイルスを排除する治療として
インターフェロン(IFN)治療
ラミブジン(ゼフィックス)内服治療・アデフォビル(ヘプセラ)内服治療 ・エンテカビル(バラクルード)内服治療があります。B型肝炎の血中ウイルス量(HBV-DNA量)、年齢、B型肝炎ウイルスの感染状況を反映する数値HBe抗原、などを総合的に判断して治療にあたります。

C型肝炎の治療

治療は、肝臓を保護する治療と、原因であるC型肝炎ウイルスを体内から排除(消す)治療の2種類があります

肝炎から肝臓を保護する治療として

  • 強力ネオミノファーゲンC、点滴、注射
  • ウルソデオキシコール酸内服
  • 少量インターフェロン投与治療

C型肝炎ウイルスを体内から排除する抗ウイルス治療

  • インターフェロンフリー治療(ハーボニー、ヴィキラックス)

昔はインターフェロン治療が唯一の治療法でしたが、今は直接ウィルスを消すのみ薬で治療できるようになりました。

C型肝炎には何種類かのウイルスタイプ(genotype)があります。
同じC型肝炎ウイルスでもタイプにより、治療法が異なります。genotype 1bであればハーボニー、ヴィキラックスを内服します。
genotype 2a であれば疎ばるディを内服します。
ウイルスタイプを調べた上で治療方法を決める事が大切です。

胃・大腸の検査をバリウム検査や便検査だけですませていませんか

胃カメラ胃の検査をバリウム検査だけですませていませんか? 胃カメラ検査(胃内視鏡検査)でないと見つけられない病状あります。
胃カメラが怖いと思っている方も、中島クリニックでは鼻から入れる経鼻胃内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
大腸の検査を便検査(便潜血検査)だけですませていませんか? 大腸カメラでがんの早期発見、大腸ポリープを切除することで大腸がんの予防ができます。
大腸カメラが痛い検査と思っている方も、中島クリニックでは意識下鎮静法を用いた大腸内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
胃カメラ検査の予約は電話で出来ます。
大腸カメラの予約は診察が必要です。電話で予約できません。
お気軽にご相談ください。
休診日:木曜・日・祝