ブログ」カテゴリーアーカイブ

自転車通勤で健康増進|死亡リスクが4割も低下

「最近運動不足なので、
今日は自転車で来ました」

電車通勤のスタッフが
今日は自転車出勤していました。

この取り組み、ホントすばらしい!
Oさん、是非これからも自転車通勤つづけてください。

自転車通勤
気分もいいし、
何よりも体にいい、
心筋梗塞など血管が詰まる病気激減します。

■自転車通勤で死亡リスクが40%も低下

BMJ医学雑誌に掲載された
自転車通勤
徒歩
電車
を比較した報告があります。

●参考記事:自転車通勤は死亡率を下げる

車や公共機関で通勤する人と比べ、
自転車通勤は
死亡率を相対危険度で59%に低下
心筋梗塞など心血管系病気は48%に低下

死亡リスクが40%低下
心筋梗塞などの心血管系疾患が半分に減ります

自転車通勤おすすめです。

■自転車と大気汚染の関係、PM2.5曝露量

クリニックの近くであれば、
武庫川河川敷はのサイクリング最高です
自転車専用道路あり、安全
車と接触がないので、排気ガスの心配もありません

一方、同じ西宮市でも、
西宮市の東西に走る大きな道路
43号線沿いをサイクリングしている人
みかけますが、
ダンプカーやトラックが走っている横を
すり抜けて走るのは
危険かつ、
排気ガス大丈夫なのかと
心配してしまいます。

カナダでの研究ですが
交通量と自転車の関係を調べた報告がありました。

(Citation: Scott W et al. Traffic-Related Air Pollution and Acute Changes in Heart Rate Variability and Respiratory Function in Urban Cyclists. Environ Health Perspect. 2011 Oct; 119(10): 1373–1378.)

交通量が多い所
交通量が少ない所
屋内

UFP 0.1 μm 以下のUltrafine particles超微粒子
PM2.5 2.5 μm 以下の粒子
揮発性有機化合物 VOC Volatile organic compound
黒色炭素 black carbon
などの量を比較しています

交通量が多いところでは、
PM2.5、UFP、黒色炭素、
多量に暴露していることがわかります。

■自転車と大気汚染の関係、HRV(Heart Rate Variability)に与える影響

自律神経の状態をチェックするのに
HRV(Heart Rate Variability)
がよい指標となります

HRV(Heart Rate Variability)
高い方がよい数値です

この報告では、
さまざまな環境で自転車に乗って
1時間
2時間
3時間
4時間
を検討しています。
大気汚染がひどいエリアでは、
2-3時間でHRVが低下しています。

この結果は数時間だけの短期的な
影響をチェックしているだけで、
長期的な体への影響はわかりません。

とはいえ、
自転車乗るなら、
空気のきれいなところ、
排気ガスの少ないところ、
ですね。

■まとめ
自転車通勤で、死亡率、心筋梗塞など心血管系疾患の病気が激減。自転車通勤はやはり体によかった。
国道沿いなど排気ガスが多いところは避ける。

タバコ1本、体への影響|タバコ1日たったの1本だけで50%も心筋梗塞など冠動脈疾患、脳卒中の危険度が上がる

タバコの体への影響
禁煙するべきかどうか

この手の話になると
個人的な話に終始、
結論が全くでないことがほとんどです。

私のおじいちゃんっは、タバコを吸っていたけれど92歳まで元気だった
おとなりの奥さんは、タバコを吸わないのに42歳で肺がんになった
などの、知人の話です。

タバコを吸っている人でも、長生きしている
タバコを吸っていなくても、若くで病気した
だから、タバコは体に影響しない的な発想です。

1日タバコ、たったの1本
吸った時の体への影響を調べた解析結果が報告されました。
1日タバコ、たったの1本で
心筋梗塞などの冠動脈疾患の危険度が
65%も増えるのです。

思った以上の影響です。

■タバコや生活習慣の影響はどのようにして判断するのか

タバコの体への影響
運動による体への影響

これらの効果は、個人の印象では判断できません。
では、どうするか

多くの人を調べ、
タバコを吸う人
タバコを吸わない人
の2群に分けて比較するのです。

大人数を対象に検討するのです。
この結果で、
やはりタバコは体に
影響あった、なかった
を結論づけることができるのです。

大人数を調べることが必要です。

■メタ解析によるタバコの体への影響

100人より1000人
1000人より10000人
1万人より10万人です

人数が多い方が、正確な結論にたどり着けます。
人数は多い方が、よいのですが
一つの研究で、扱えるデータの量には限りがあります。

そこで、いろいろな研究者が報告している
大人数を対象とした研究を、
かき集めて、解析するのが
メタ解析という手法です。

世界中のタバコに関する大規模論文
を集め解析した結果がBMJ医学誌に報告されました。

■1日タバコ1本で心筋梗塞などの冠動脈疾患50%増

141件の世界中の論文を集め解析した報告
Low cigarette consumption and risk of coronary heart disease and stroke: meta-analysis of 141 cohort studies in 55 study reports
の結果を紹介いたします。

1日のタバコ本数に分けて、病気への影響を数値化しています

1日1本
1日5本
1日20本

(Citation: Hackshaw A et al. Low cigarette consumption and risk of coronary heart disease and stroke: meta-analysis of 141 cohort studies in 55 study reports. BMJ. 2018 Jan 24;360)

タバコを吸わない人に比べて、どれぐらいリスク(危険度)があがるかをけいさんしています。

心筋梗塞などの心血管疾患
1日1本 相対危険度1.65
1日5本 相対危険度1.72
1日20本 相対危険度2.34

脳卒中
1日1本 相対危険度1.52
1日5本 相対危険度1.63
1日20本 相対危険度1.90

本数比例して、冠動脈疾患、脳卒中ともに
危険度高まります。
1日20本吸っていると、冠動脈疾患、脳卒中ともに
2倍に危険度増多。
これは、今まで言われている通り。

1日1本程度なら影響なさそうなものですが
1本だけでも、
冠動脈疾患65%危険度アップ
脳卒中52%危険度アップ
影響があります。

健康のためにタバコを減らして
1日2-3本、食後だけ
としている人もいるでしょう。

1日5本以下ぐらいであれば
大丈夫だろうと、
思っている人は少なくないはずです
この認識は大きく間違っていました。

健康のためには
減煙ではなく、禁煙です。

■まとめ
タバコは1日たった1本でも、心筋梗塞など心臓の血管がつまる病気、脳卒中を増やす。
タバコの本数を減らすよりも、禁煙。

腎臓病をもっている時のピロリ菌治療について|透析治療中のピロリ菌治療

ピロリ菌をもっていれば
胃がんや胃潰瘍再発予防のために、
除菌治療が広くおこなわれています。

抗生物質2種類と胃酸をおさえる薬1種類
計3種類での治療が保険診療で認められています。
この治療で90%以上の人が1回の治療でピロリ菌消失します。

アレルギー、腎臓や肝臓の病気など合併症がなければ、
この標準的な治療をおこないます。

アレルギーや合併症をもっているときには、
薬の変更、
薬の減量
患者さん毎に、治療内容の調節が必要となります。
(保険診療外で自費となることもあります)

■腎臓の病気

慢性腎臓病(CKD)はあまり耳にしないことばです。
CKDとは慢性に経過する腎臓の病気を指すことばです。

1300万人以上が慢性腎臓病(CKD)と推定されており、
日本人20歳以上
8人に1人以上が慢性腎臓病(CKD)なのです。

健康診断のレアチニン(Cre)、推算糸球体濾過量(eGFR)の値が腎機能の指標となります。

■腎臓の病気をもっているときのピロリ菌除菌治療ガイドライン

標準的な治療の指標としてガイドラインが各疾患、治療毎に作成されています。
ピロリ菌治療もガイドラインあります。

ガイドラインで推奨されているところを引用します。。
(引用:Helicobacter pylori 感染の診断と治療のガイドライン2009改訂版)

「重篤な肝疾患、腎障害等の全身的な合併症を有する患者に対する除菌治療においては、除菌治療適応、薬剤使用量の配慮など、個々の症例に応じた慎重な対応が必要である。腎不全患者では、通常量の3 剤併用療法で高い除菌率が得られたという報告がある一方で、PPI-AC 療法(プロトンポンプ阻害薬+アモキシシリン+クラリスロマイシン)(AMPC=1.5g/日) よりもPPI-CM 療法(プロトンポンプ阻害薬+クラリスロマイシン+メトロニダゾール)のほうが除菌率に優れており、急性腎不全を来すリスクが低く安全性が高いという報告もある。

と記載されております。ガイドラインでは腎障害があるときには、アモキシシリンの減量が重要であることが強調されています。

■腎臓の病気をもっているときのピロリ菌治療

腎臓の病気をもっているときにピロリ菌治療
何が問題になるのでしょうか?

ピロリ菌治療でのんだ抗生物質は、腎臓から体の外に捨てられます(腎排泄)。
腎臓が弱っていると、
体に外に抗生物質を捨てる力が低いので体に抗生物質がたまってしまいます。

通常量をのむと、体の中での抗生物質濃度が高くなりすぎ
副反応を起こしやすくなってしまいます。
そのため、腎機能に応じて「減量」が必要となります。

除菌の時に使う胃酸を抑える薬(PPI)は
肝臓で代謝されて体の外に排泄(捨てる)されます。
腎臓に影響しません。
胃酸を抑える薬(PPI)の調節は必要ありません。

腎機能障害があるときの治療のポイント、
腎臓で排泄される抗生物質の減量です。

クレアチニン(Cre)、推算糸球体濾過量(eGFR)毎に、抗生物質の投与量、投与回数の指標があります。
これに準じて減量します。

■透析中のピロリ菌除菌治療、アモキシシリン、クラリスロマイシンの減量がポイント

アモキシシリンは腎機能Ccrが10ml/min以下の重度腎障害や血液透析中は、250mg1日1回が感染症の治療で投与される標準量です。

透析中の抗生剤投与量について
透析施設から投与量の報告があります。

抗生物質、とくにアモキシシリンの量をどのようにするかがポイントです。
アモキシシリンの投与量に一定の基準はなく

・アモキシシリンを750mg(通常量の1/2)で有効の報告
・アモキシシリン500mg(通常量の1/3)で有効の報告、
・アモキシシリン250mg(通常量の1/6)で有効の報告

アモキシシリンの投与量に250mgから750mgの幅がありあすが
いずれも良好な結果がえられています。

■まとめ
・腎機能障害があるときは、抗生物質の減量が必要です。アモキシシリンの減量もしくは、アモキシシリンを使わない除菌治療となります。
・透析をしているときのピロリ菌除菌治療は、アモキシシリン750mgから250mg(通常の1/2~1/6量)、クラリスロマイシン200mg(通常の1/2~1/4)、胃酸を抑えるPPIは通常量でおこないます。

なんとなくだるい、しんどい。甲状腺ホルモンをチェックしてみてはどうでしょう|慢性甲状腺炎(橋本病)について

体がだるくて、食べられない
胃カメラで胃を調べてほしい

西宮市中島クリニックは消化器内科が専門です。
食欲がない、胃を検査したいと、
相談をうけます。

体がだるい、食べられない
もちろん胃カメラで、
食道、胃、十二指腸を
きっちりと検査して、原因を調べることは大切ですが
同時に、胃以外の原因も想定しておくことも必要です。

■食べられないときに胃以外の病気も想定しておく

なんとなくだるい、しんどい、食べられない
肝臓や腎臓、貧血など、体の不調から
さまざまな症状がでます。

健康診断を受けると、一般的な項目に
肝臓
腎臓
血糖値、糖尿病検査
貧血
などは入っています。

一般的な採血で、肝臓、腎臓などはある程度分かります。
だるくて、しんどくて来院された方
に糖尿病が見つかることも多々あります

■甲状腺機能低下症

一般的な採血、健康診断で
肝臓、
腎臓
血糖
などはチェックできるので
何か異常があれば気づきますが、

見過ごされていることが多いのが
甲状腺機能低下症
です。

うつと診断されていたけれど、甲状腺ホルモンの低下が原因であったという方もあります。、

甲状腺ホルモンは
体温の調節、
熱を作る
元気を出す
など体の恒常性維持に重要な働きをしています。

甲状腺機能は採血で分かります
FT4(遊離サイロキシン)
TSH(甲状腺刺激ホルモン)
などを調べます。

しんどい、だるい、食べられない
採血すると
FT4(遊離サイロキシン)低下
TSH(甲状腺刺激ホルモン)上昇
していることがあります。

甲状腺機能低下症です。
ほんの少しの甲状腺ホルモンを補うだけで、
見違えるように元気になられる方があります。

■慢性甲状腺炎(橋本病)について

甲状腺機能低下症の原因として多いのが
慢性甲状腺炎(橋本病)です。
慢性に甲状腺に炎症が起き、
若い頃は甲状腺ホルモンが出すぎ亢進状態、
加齢とともに、ホルモンが枯渇して甲状腺機能低下です。

慢性甲状腺炎は1912年に日本人が発見(報告)した病気です。
発見した先生の名前がついて、橋本病ともよばれています。

甲状腺機能低下の原因として
成人で一番多いのが、この橋本病です。

抗Tg抗体、抗TPO抗体などの特殊な抗体をチェック、
甲状腺エコーなどの画像検査含め、
総合的に判断して診断します。

今は、抗Tg抗体、抗TPO抗体などの精密抗体を直接測定できます。
私が医者になった頃は、まだこれらの抗体を測定できず、
TT(サイロイドテスト)、MT(マイクロゾームテスト)
などを測っていた時代でした。
医学は着実に進歩していますね。

甲状腺の病気、有病率に男女で差があります。
圧倒的に女性で多い傾向があります。
女性の3-10%ぐらいが、慢性甲状腺炎(橋本病)
との報告もあります。
甲状腺ホルモンが安定していれば、
治療は必要ありませんので、
慢性甲状腺炎(橋本病)と診断を受けても
経過をフォローしていくだけでよいことも多々あります。

■慢性甲状腺炎(橋本病)の治療、生活の注意

慢性の甲状腺の炎症でホルモン不足となっているので、
補う必要があります。

チラーヂンSを少量から内服します。
FT4(遊離サイロキシン)の値を参考に
同時に
TSH(甲状腺刺激ホルモン)が落ち着く、
チラーヂンSの量を微調節します。

ヨードの取り過ぎで甲状腺機能が低下します。
うがいぐすりのイソジンには多量にヨードが含まれています。イソジンの主成分がヨードですので。

甲状腺ホルモン低下症をもっている方は、イソジンでのうがいは避けた方が無難です。

話それますが、かぜやインフルエンザ予防のために
うがい
手洗い
されていますが
効果があるのは、手洗いです。
うがい、より、手洗いを励行してください。

■胃カメラで胃の検査も大切

だるい、食べられない
甲状腺ホルモン低下が原因のことがあるので、
甲状腺ホルモンのチェックは欠かせません。

食べられない原因として、多いのは、
食道や胃の病気です。
不定愁訴と自己判断で断定する前に、
胃の検査は必要です。

■まとめ
なんとなくだるい、しんどい、、食べられない
不定愁訴と断定してしまう前に、甲状腺ホルモンをチェック。食道や胃に病気がないか、胃カメラでチェックも必要

よくある質問「先生このサプリメントのんでいいですか?」|サプリメント、マルチビタミンのまとめ

先生、
このサプリメントのんでいいですか?
膝が痛いのでサプリメントのんだ方がいいですか?
多くの患者さんから聞かれる質問です

私がサプリメントやマルチビタミンについて
書いたブログ、
まとめておきます

おすすめ記事

おすすめは

ピロリ菌は蜂蜜(マヌカハニー)で除菌できるのか
▶一つだけでいいので、根拠となるデータを探そう|サプリメントや健康食品の相談

認知症はマルチビタミンで予防できるのか
▶医者が認知症予防のため12年間マルチビタミンを飲み続けた結果

です。

サプリメントやビタミンの効果は

飲んだ→体楽になった気がする→だから有効
式の論法で語られることがほとんどですが、

ダブルブラインド、ランダムコントロール試験(RCT)で
認知症の予防となるかどうか、
マルチビタミンの効果を評価している論文があります。
こんなことまで、ランダム化比較試験をしてしまう
アメリカ、すごい国です。

サプリメント・マルチビタミン関連記事まとめ

▶医者が認知症予防のため12年間マルチビタミンを飲み続けた結果

▶グルコサミンの置かれている状況をもう少し理解してもらいたい

▶合わせ技一本なるか。グルコサミンとコンドロイチン、膝の痛みに6ヶ月間のんだ結果

▶心筋梗塞再発予防に高用量マルチビタミンを5年間服用し続けた結果|ランダムコントロールスタディー(RCT)で明かされる高用量マルチビタミンの効果

▶ビタミン剤・サプリメントは必要か

▶サプリメントで寿命はのびるのか

▶一つだけでいいので、根拠となるデータを探そう|サプリメントや健康食品の相談

■まとめ
大規模ランダム化比較試験(RCT)でサプリメントやマルチビタミンの効果は証明できなかった。
今のところ、誰もが納得する、効果を証明した大規模研究はなさそう。今後に期待。

インフルエンザ診療、インフルエンザ抗原迅速検査より、のどの診察が不可欠|インフルエンザ濾胞、いくら状のぶつぶつ

熱が出たら
インフルエンザ検査で確認希望

なんか、からだだるいので
インフルエンザ検査で確認希望

下痢したら
インフルエンザ検査で確認希望

インフルエンザが流行すると、
即インフルエンザ検査
の風潮が
年々エスカレートしています

◼️インフルエンザ検査の限界、感度60%

インフルエンザ検査、
半か丁かの
さいころ賭博のように、

陽性か陰性か、
明確に結果でます。

インフルエンザ抗原迅速検査は、
インフルエンザであるか、否かを
貫壁に区別できるものではありません。

インフルエンザ検査の
感度が60%前後
特異度が98%程度

検査する時期によりますが、
発症初期は感度が低い、
陽性になりにくい
特徴があります。

特に症状がでて早い段階では
インフルエンザ検査が陰性でも、
インフルエンザで「ない」と断定できないのです。

逆に特異度は98%ありますので、
インフルエンザがはやっていて、
検査が陽性であれば、インフルエンザで間違いないと
判断できます。

インフルエンザ検査、
10分足らずで結果がでるので
非常に有用な検査ですが、
感度が60%
検査の限界を知っておく必要があります。

■インフルエンザ検査も大切ですが、眼、のどの診察が不可欠

インフルエンザ迅速検査の結果を
加味して診断することは、大切です、

インフルエンザの診療
迅速検査が100%のゴールドスタンダード
ではありません。

あくまでも、問診、経過、診察、
含めた総合診断です。

インフルエンザ、アデノウイルス、溶連菌などの感染症は
それぞれ、特有の、
眼(眼球結膜)
のど(咽頭)
の状態になります。

検査とともに、眼、のどの診察が不可欠です。

眼やのどの所見、特にのどの診察を重要視しています。

■インフルエンザでみられる、いくら状イフルエンザ濾胞

眼(眼球結膜)は、
インフルエンザに特有の所見があるわけではありませんが、
アデノウイルス(流行性角結膜炎)や他の病気との鑑別(区別)のために眼球の状態はかならずチェックします。

その後、のどをしっかりと診ます。
インフルエンザに罹ると
のど(咽頭後壁)にいくら状のぶつぶつ
が出来ることが知られています。


(Citation: 宮本 昭彦, 渡辺 重行.咽頭の診察所見 (インフルエンザ濾胞) の意味と価値の考察.日大医学雑誌72 巻 (2013) 1 号 p. 11-18)

インフルエンザに罹ると咽頭後壁(のどの奥)に
いくら状のぶつぶつ
インフルエンザ濾胞(influenza follicle)
がでてきます。

はじめて、インフルエンザ濾胞(influenza follicle)の存在を知ったときは、
インフルエンザに特異的な所見なのか
半信半疑でしたが、
いくら状の、インフルエンザ濾胞
非常に診断に有用です。

のどに出てくる
ぶつぶつの

緊満感
色調
境界
癒合傾向の有無

などを判断することで、
インフルエンザなのか、
かぜなのか
かなりの確率で、判断つきます。

インフルエンザが疑わしいときは、
まず、検査ではなく
まず、診察ですね

診察にくわえ、必要に応じて検査、
総合判断です。

まだまだ寒さが続き、インフルエンザの流行がつづきそうです

十分な睡眠
体調管理
そして、手洗いで予防

インフルエンザに罹らず
乗りきりましょう

◼まとめ
インフルエンザが疑わしいときは、のどの状態がポイント。
いくら状インフルエンザ濾胞の有無を確認。

中学生のピロリ菌感染率は5%以下|ボノプラザン(タケキャブ)、アモキシシリン(サワシリン、アモリン)、クラリスロマイシン(クラリス)の3剤併用療法で一次除菌率成功率は83%

日本人の半数にあたる、
6000万人がヘリコバクターピロリに
感染しています。

しかし、感染率は世代によって大きくことなります。
ピロリ菌をもっている割合は
年齢に比例して急増、
70才以上では7割から8割以上の方がもっています。

ピロリ菌をもっているかどうかは、
生まれ時の衛生状況で決まります。

戦後のような
十分に上下水道整備されていないの生まれ
高率にピロリ菌感染

逆に、今の日本のように
上下水が完備され
きわめて衛生環境がよい時代なると
ピロリ菌感染率は、下がります

■若者のピロリ菌感染率

上下水道が完備され、経口糞便感染する病気は激減しています。
A型肝炎は経口糞便感染します。
昭和の時代は多くの人が感染、
急性肝炎をおこしたり、
しらない間に感染したりしていました。
その結果高齢者の多くはA型肝炎の抗体(感染すると陽性になる)をもっています。
逆に、上下水道が完備された環境で育った今の若者は
ほとんどA型肝炎の抗体をもっていません。

同じことがピロリ菌にもいえます。
高齢者は高率に陽性、
いまの若者は激減、

ある医学部の入学者を対象に
ピロリ菌有無を調べたところ、
陽性率7-8%でした。
いまの若者のピロリ菌陽性率は
10%を下まわっています。

■佐賀県での中学校3年生を対象としたピロリ菌検診

ピロリ菌を中学生や高校生のあいだにチェック
若いうちに、ピロリ菌を除菌
胃がんを撲滅する取り組みが
さまざまな自治体でおこなわれています。

佐賀県では中学校3年生を対象に
ピロリ菌検診が平成28年度からスタートしています。

このすばらしい取り組みの概要が日本ヘリコバクター学会誌に報告されていました。

佐賀県下の中学校3年生対象に
尿でピロリ菌チェック
陽性であれば、
便中ピロリ抗原で、再度、陽性であるか確認
陽性であればピロリ菌除菌
の流れです。

■中学校3年生のピロリ菌感染率

中学校3年生を対象とした佐賀県の胃がん撲滅プロジェクトでは

(引用:垣内俊彦、佐賀県における若年者からの胃がん撲滅プロジェクト、日本ヘリコバクター学会誌Vol19 No.2 2018年)

6994人中、ピロリ菌陽性は248人
中学校3年生のピロリ菌感染率は
3.5%!
極めて低い感染率でした。

医学部学生を対象とした検査結果が7-8%
医学部入学者の年齢が20才前後と考えると
20才前後の感染率が7-8%

佐賀県のプロジェクトの参加者が中学校3年生
15才前後の感染率が3.5%

20才以下の世代では、どんどん感染率が低下していることがわかります。

■中学校3年生を対象としたピロリ菌除菌プロジェクトの除菌成功率

ボノプラザン(タケキャブ)
アモキシシリン(サワシリン、アモリン)
クラリスロマイシン(クラリス)

の三剤併用療法をもちいています。
大人のピロリ菌と同じ方法です。

一次除菌成功率83%
二次除菌成功率100%

除菌に取り組んだ全員が除菌に成功しています。

ボノプラザン、アモキシシリン、クラリスロマイシンを用いた大人での一次除菌治療成功率は
90%前後です。
西宮市中島クリニックでの大人の一次除菌成功率は93%です。

大人にくらべて、小児の一次除菌成功率がやや低い印象ですが、
二次除菌は成功率100%とすばらしい結果です。

副反応は5.1%の生徒に認めたけれど、治療を要する重篤なものはなかったそうです。
副反応率は大人と同じく、軽微で安全な治療ということがわかります。

上下水完備、衛生状況改善によるピロリ菌激減
若年者に対する介入(ピロリ菌除菌)でのピロリ菌撲滅
今後さらに胃がんが減ることが予想されます。

ヘリコバクター・ピロリ起因の胃がん
撲滅される日は間近です。

ヘリコバクター・ピロリ起因の胃がん
が撲滅されたら、
頻度は低いながらも
幽門腺領域に好発する褪色陥凹印環細胞癌や
噴門部のSMT様胃底腺型の胃がん
などのピロリ未感染の胃がんが
最後の課題です。

胃がん撲滅まで、あと少しですね。

■まとめ
中学生3年生のピロリ菌陽性率は3.5%
佐賀県でのプロジェクトでは一次除菌成功率83%、二次除菌成功率100%、全員が除菌に成功している

胃がん検診は胃カメラ(内視鏡)がおすすめ|胃カメラ検診で胃がん死亡リスクが50%も減る

最近は、
・バリウム検査(胃透視検査)
・胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)
どちらか選択できるドックが増えてきました。
好きな方を選んでくださいといわれれも
どちらがよいのか迷ってしまいます。

胃カメラ
バリウム検査
と胃がんの関係についてお話しいたします

■バリウム検査と胃カメラどちらを選ぶべきか

検査精度は、直接胃の中をくまなくチェックする
胃カメラの方が良いのは明らかです。

選べるとすれば、胃カメラをオススメします。

バリウム検査と胃カメラ比べると、
胃カメラがおすすめですが、
バリウム検査はダメだと言っているのではありません、

バリウム検査は古くから検診として行われています。
長い歴史があり、データがバリウム検査は豊富です。
そのため、検診としてのバリウム検査の有用性を示すデータが多数あります。
ドックや会社検診でバリウムがセットになっている場合はバリウムを受けられたらよいでしょう。

繰り返しになりますが、
胃カメラ
バリウム検査
選べるとすれば、直接胃の中をチェックできる精度の高い検査である、
胃カメラを選んでください

◼胃カメラ検診で胃がん死亡リスクが激減

バリウムに取って代わり胃カメラが検診に用いられるようになったのは、
ごく最近です。
京都では胃がん検診として胃カメラが昨年ぐらいから始まっています。
中島クリニックのある西宮市では、残念ながらまだ始まっていません。

全国の自治体で数年前から胃カメラによる胃がん検診が始まっています。
近々日本から検診としての胃カメラの効果に関するデータでるはずです。

検診で診断を受けた、胃がん5万人を解析した報告が昨年韓国からありました。

(Citation: Jun JK et al. Effectiveness of the Korean National Cancer Screening Program in Reducing Gastric Cancer Mortality. Gastroenterology. 2017 May;152(6):1319-1328)

胃カメラで胃がん検診を受けた人と
検診をうけていない人と比較すると
OR(オッズ比)0.53 (95% CI, 0.51-0.56)
胃カメラを受けている人は、胃がんでの死亡リスクが
0.53
胃がんでの死亡リスクが、胃カメラ検診で1/2になります。

胃カメラによる胃がん検診、効果は明らかです。

◼胃カメラ検診は、定期的に。1回より2回、2回より3回、受診回数依存性に、検診をうけることで、胃がんによる死亡リスクは低下。

胃カメラ検診を1回受けるだけでも胃がんによる死亡をへらす効果があります。
その効果はオッズ比 0.60 (95% CI, 0.57-0.63)
1回胃カメラ検診をうけるだけで、40%も胃がん死亡リスクが低下。
2回胃カメラ検診を受けると、
オッズ比0.32 (95% CI, 0.28-0.37)
70%も死亡リスク低下
3回以上胃カメラ検診を受けると、
オッズ比0.19 (95% CI, 0.14-0.26)
80%も死亡リスク低下

検診をを1回より2回、2回より3回、
受診回数依存性に、
胃がんによる死亡リスクは激減します。

1回で40%減
2回で70%減
3回以上で80%減、リスクが1/5へ激減します。

さらに、
受診回数依存性に下がる胃がんによる死亡リスク、
胃カメラ、バリウム検査
ともに効果あります。

バリウム検査では、
受診回数依存性に下がる効果が
50才代に限られていたのに対して、

胃カメラ検査では、
40才~75才全ての年代で、
受診回数依存性に胃がん死亡リスク
が下がっています。

やはり、胃がん検診は
胃カメラがおすすめです。

まとめ
胃がん検診はバリウムより胃カメラが理想
1回より2回、2回より3回、受診回数依存性に胃がん死亡リスクは激減する

おいおい、47%は低すぎる。隣で人が倒れたらCPR(心肺蘇生 )|性行為中の突然死。救急搬送されるまでに心肺蘇生の救命処置をうけているのは、たったの47%。興味本位のネタではなく真面目な医学のお話

道で人が倒れた時に、
119番へ電話
救急車が到着、病院へ救急搬送します。

■救急車が到着するまでの経過で蘇生率がかわる

救急車が到着するまでの、
数分間
どのように経過したか

偶然居合わせた人(バイスタンダー)に
・心配蘇生(CPR)の救命処置をされたか
・何もされなかったか
心肺停止からの、蘇生率、蘇生後の重篤な脳障害
に大きな差がでます。

心肺停止後の経過時間と死亡率の関係をグラフ化したものがあります
カーラーの救命曲線とよばれるもので、
心肺停止後、分単位で蘇生率は低下
3分間の放置で、蘇生率が半分にまで低下します。

救急車が到着するのを待つ必要は全くなく、
心肺停止、
バイスタンダーは、
即、救命処置です。

■バイスタンダー(偶然その場にいあわせた人)による、救命処置が行われる確率

人が道で倒れた時に、その場に偶然いあわせた人のことを「バイスタンダー」といいます。
バイスタンダーが、
救命処置をしてくれるかどうかが、
倒れた人が蘇生するかどうかに大きく影響します。

全国の消防機関のデータから
バイスタンダーが救命処置をしている割合が
集計されています
バイスタンダーによる救命処置の割合は
54%程度です。

バイスタンダーによる救命処置がされている割合は、
日本が特別に低いわけではなく、
海外のデータでも同じぐらいで、
40-50%程度です。

救急外来や病棟で、
救命処置、電気ショックの経験がある
医療関係者であれば、
迷わず、救命処置をできますが、

一般の市民が、
やったことがない
救命処置を
見ず知らずの人に行うのは
人道的に救命処置したいと頭では分かっていても、
恐怖心が先立ち、何もできないことがあるのは
十分に理解できます。

■性行為中の突然死。救急搬送されるまでに心肺蘇生をうけていたのは、たったの47%だった

見ずしらずの人に心肺蘇生をするのは、
敷居が高い、
恐怖心が先行する、
当然のことです。

では、突然心肺停止をしたのが
見ず知らずの人ではなく、
「よく知っている人」であれば、
人は、迷わず心肺蘇生できるのでしょうか?

そんな疑問に答えてくれる報告がありました。

(Citation: Sharifzadehgan A et al.Sudden cardiac arrest during sexual intercourse. European Heart Journal, Volume 38, Issue suppl_1, 1 August 2017)

性行為中にパートナーが突然心肺停止、
そのときパートナーは、
救急車が到着するまで、
心肺蘇生をしたか、どうかを検討した報告です。

そりゃ、全員が、普通救命処置するでしょう、
と希望的観測する、あなた
甘い予測です。

性行為中に突然心肺停止、
パートナーが心肺蘇生してくれたのは、たったの
47%、約半分だけです。

・一般市民が、見ず知らずの道で倒れた人に
救命処置をする割合が40-50%

・よく知っている人が、目の前で心肺停止になって、
救命処置をする割合が47%

よく知っている人が倒れても、救命処置をする率が
全く上がらなかったことから考えると、

倒れている人が、見ず知らずの人だから
尻込みして、
救急処置しない訳では、
なかったのです。

救命処置の講習を受けた経験がある人であれば、
相手がだれであっても、
勇気をだして、救命処置にとりくめる

逆に、救命処置の経験、知識がなければ、
相手が知っている人でも知らない人でも、
恐怖心が先立ってしまうと、
いう現実があるのかもしれません。

■バイスタンダーによる救命処置率は一般市民が、心肺蘇生(CPR)のトレーニングを受けることで、高めることができる

バイスタンダーによる蘇生処置の割合が50%前後にとどまるなか、
世界にはすばらい、取り組みをして
成果をあげている街があります。

アメリカの、ワシントン州キング郡(King County, state of Washington)
バイスタンダーによるCPRの実施率はなんと
72%!
すばらしい街です。

この街は、バイスタンダーによる蘇生率を高めるために
地域住民への心肺蘇生(CPR)トレーニングを積極的にとりくんでいます。

心肺蘇生も、トレーニングを受けたことがなければ、
胸のどの場所を、どれぐらいの力で、どれぐらいの速さで押すか、分からないものです。

AED(自動体外式除細動器)があっても、一度も使い方を教えてもらったことがなければ、使えないですよね。

とにかく、一度でもいいので、講習を受けておく
これが、いざという時大切です。

この街の興味深い取り組みとしては、
救急コールを取った、電話オペレーターが心肺蘇生(CPR)をバイスタンダーに電話で指導します。
オペレーターの指導にしたがって、バイスタンダーが心肺蘇生を開始します。

普段から救命処置のトレーニングを受け備えておく
緊急時には、電話で現場のバイスタンダーへの指導

二本の柱で高い救命率をなしえているのが、ワシントン州キング郡です。

西宮市でもAEDを使用した心肺蘇生法普及講習会が西宮市、西宮市医師会の後援で行われています。
是非この機会に受けてみようと思われる方は
活用されてはどうでしょうか。

■まとめ
・緊急時に備え、心肺蘇生(CPR)のトレーニングを一度は受けておく
・人が倒れていたら、救急車の到着を待たず、心肺蘇生を開始

もう飛んでいるのですか?はい、飛んでいます こんなに寒いにもう花粉症?原因はヤシャブシ

1月下旬、気温が10度をはるかに下回り、寒い中

目がかゆい
風邪ひいていないのに咳が出る
鼻がつまる

アレルギーの症状で西宮市中島クリニックに来られる方が、ある日をさかいに増えました。

■1月下旬から始まる、ヤシャブシによる花粉症

患者さん: もう飛んでいるのですか?
私: はい、もう飛んでるんです

驚いた顔をされるのですが、
西宮市特有のアレルギーがあるのです

こんなに寒いのに花粉症?

六甲山、甲山にはヤシャブシが群生しています。
昔、植樹したヤシャブシが、いまとなっては,花粉症を起こす負の遺産となっています。

カバノキ科ハンノキ属のヤシャブシは、
1月下旬
まだ寒い時から、花粉症の原因となります。
1月中旬から始まり、4月頃までだらだらと続きます。

■2月からスギの花粉症がヤシャブシに重なる

1月下旬から始まる、ヤシャブシの花粉症に、
2月からスギの花粉症が重なります。

スギの花粉症は2月から4月下旬、5月のゴールデンウイーク前まで続きます。

■3月からはヒノキの花粉症がスギに重なる

3月になるとヒノキの花粉が飛び始めます。
スギ、ヒノキの花粉症、
両方もっている方にとっては、
3月からしばらくホント過ごしづらい日々が続きます。

■花粉症対策

1月下旬から始まる、
目がかゆい
風邪ひいていないのに咳が出る
鼻がつまる
などの多くは、シャブシが原因です。

(citation: wikipedia)

ヤシャブシ は1月最終週頃から飛び始めます
毎年症状がでる方は、その少し前
1月中頃から抗アレルギー剤をのむことで、
軽く過ごすことができます。

まだ寒いので、コートを羽織って外出すると思います。
玄関でコートを脱いで、
家の中に花粉を持ち込まないようにするのも
効果があります。

外出時のマスクも有効です。

裸眼やコンタクトレンズを使われている方は、メガネにかえるだけでも、角膜に付着する花粉の数が1/10以下になります。

■アレルギー薬の種類

アレルギーの薬は、
眠気がないもの、
効果が強いもの、
1日1回で効くもの、
余りにも種類がありすぎて、
どれが自分に合うアレルギーの薬か迷うと思います。

ニポラジン(メキタジン)
ザイザル(レボセチリジン)
アレジオン (エピナスチン)
クラリチン (ロラタジン)
アレロック(オロパタジン)
デザレックス(デスロラタジン)
ビラノア(ビラスチン)
ジルテック(セチリジン)
タリオン(ベポタスチンベシル)
エバステル (エバスチン)
アレグラ(フェキソフェナジン)

アレグラやアレジオンは特許がきれて
OTC薬として、薬局でも売られていますね

私は
服用回数
薬の力価
を考え、
患者さんの生活スタイルに合う薬を選んでいます。

1日2回飲む薬より、はやり薬は1回の方がいいですよね。花粉症が軽い時、どうしようもなく症状が強い時の2段階で処方内容をかえている方もあります。

クラリチン (ロラタジン)は眠気もでず、
効果もまずまず良好で、
バランスがとれています。
しかも1日1回の服用です。

ジルテック(セチリジン)は抗アレルギー作用は
しっかりとしているのですが、眠気がでるのが
やや使いづらいところです。

ザイザル(レボセチリジン)は
ジルテック(セチリジン)の効果だけを抽出して、
副反応である眠気をなくした薬です。
眠気もなく、効果もしっかりしていて、
症状が強いときにも有効です。

その他、上記の抗アレルギー薬とは
作用点が異なる薬、アレルギーの薬があります。

ケミカルメディエーター遊離抑制薬(インタール)
トロンボキサンA2阻害・拮抗薬(ブロニカなど)、
ロイコトリエン受容体拮抗薬(オノン、シングレア、キプレス)、
Th2サイトカイン阻害薬(アイピーディ)

などです、
薬の働くところが違うので、クラリチン、アレグラなどで効果が不十分のとき重ねて服用することもできます。

メガネ、マスクなど生活の工夫できる花粉症対策、
必要なときには抗アレルギー薬をのんで、
今年の花粉症シーズン乗り切りたいですね。

まとめ
・関西を中心に1月下旬から、ヤシャブシによる花粉症が始まる
・メガネ、マスクでの対策が有効
・眠気が出ない抗アレルギー薬がおすすめ