日帰り内視鏡手術(大腸ポリープ)

中島クリニックでは大腸カメラ(内視鏡検査)後、ポリープが見つかった場合日帰り手術を行うことが可能です。
全身状態、ポリープの性状など総合的に判断して日帰り手術可能であるか内視鏡医が判断いたします。
入院にて切除が望ましいと判断する場合もあります。
その場合は入院できる施設を紹介いたします。

内視鏡手術の流れ

STEP.1 入念な検査前の準備
内視鏡検査前の診察時に、全身状態のチェックをします。
注意: 血をサラサラにする狭心症や脳梗塞の薬(バイアスピリンやプラビックスなどの抗血小板薬、ワーファリン、プラザキサなどの抗凝固薬)を服薬しているかどうかの確認は重要です。
STEP.2 手術前日~大腸の中をキレイにする
手術前日は残便、残渣を減らすためにお渡しする検査食を召し上がっていただきます。
前日昼食はゼリーミールとビスケット、夕食にささみがゆとコンソメスープを食べていただきます。
外出先や職場でも食べられるようにパック食になっています。
また前日夜、下剤を飲んでいただきます。便通の良い方であれば朝までに何回か排便があります。
img_03
STEP.3 手術当日~検査前の腸内洗浄
検査当日、洗腸液を飲んでいただきます。
洗腸液は読んで字のごとく、便を洗い流し大腸の中を空っぽの状態に整えます。
STEP.4 ポリープの観察
ポリープ大腸内視鏡検査時にポリープが見つかった場合、ポリープに特殊な光を当てて観察します。
(狭帯域光観察Narrow Band Imaging, NBI)
通常の観察に狭帯域光観察Narrow Band Imaging, NBI)を併用することで、ポリープが悪性か良性か判断することができます。
STEP.5 ポリープの切除
切除中ポリープの後ろに注入(局注)してポリープを粘膜から浮かせます。
局注はポリープのサイズ、形状から判断して必要時に行います。ポリープを電気メス(スネア)にて切除します。
STEP.6 処置、検査結果、手術後の注意
ポリープの確認ポリープ切除後、出血がないことを確認。治療を終了します
切除後のキズが大きい場合はクリップで出血予防のために縫縮することもあります。
日帰り内視鏡手術後、2日間は炭水化物中心の刺激の少ない食事を心がけていただきます。手術後1週間は飲酒禁止です。
後日切除ポリープの病理結果を説明いたします。