それって、やばいですか?

診察室でこんな類の会話を交わす事があります。

私「どうされましたか?」
患者さん「昨日の夜から、急にやばくなて、お腹痛くなって・・・」
診察後
私「ウイルスの腸炎ですね、お腹に来る風邪と思ってください」
患者さん「それって、やばいっすか?」
私「やばいか、やばくないかで言えば、しっかり水分をとって安静にすればやばくない病気ですよ」

若者との会話から察するに「やばい」の言葉が示す範囲が広がっているようです。「何か困った事が起きた状況をさす時に使う便利な言葉」とでも理解すれば良いのでしょうか。若者にとって「やばい」か「やばくないか」は極めて重要な判断基準でもあるようです。

患者さんへの説明は、伝わる事、分かりやすいことが大切なのは言うまでもありません。そこで、私も「やばいっすか?」と聞かれると、分かりやすく説明するために「やばくないですよ」と言う言葉から説明を始める事にしています。

「やばくないですよ」と聞いた若者は安堵の表情を浮かべ、心にゆとりを持って、私からの具体的な治療方法、食生活上の注意に耳を傾けてくれます。日常診療の中で、コミュニケーション、言葉の大切さを実感する瞬間でもあります。

胃・大腸の検査をバリウム検査や便検査だけですませていませんか

胃カメラ胃の検査をバリウム検査だけですませていませんか? 胃カメラ検査(胃内視鏡検査)でないと見つけられない病状あります。
胃カメラが怖いと思っている方も、中島クリニックでは鼻から入れる経鼻胃内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
大腸の検査を便検査(便潜血検査)だけですませていませんか? 大腸カメラでがんの早期発見、大腸ポリープを切除することで大腸がんの予防ができます。
大腸カメラが痛い検査と思っている方も、中島クリニックでは意識下鎮静法を用いた大腸内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
胃カメラ検査の予約は電話で出来ます。
大腸カメラの予約は診察が必要です。電話で予約できません。
お気軽にご相談ください。
休診日:木曜・日・祝