予想外なアンケート結果

大腸カメラ検査をより安心して受けていただくために、アンケートで検査前の前処置方法(従来型の液体型洗腸剤と錠剤型洗腸剤のどちらが飲みやすかったか、その他感想)などについて患者さんの声を秋から聞かしていただいています。ご協力いただきありがとうございました。お預かりした声を、より楽にそして安心して検査を受けていただけるように、大腸検査前の食事内容、下剤、洗腸剤の種類、洗腸液を飲み始めていただく時間などに反映させていただきます。
さて、協力いただいたアンケートは都度全文読ませていただいておりますが、年末と言う事でお預かりしたアンケートを集計してみました。検査前の洗腸剤に関しては多くの方から、従来型の液剤よりも、新しいタイプの錠剤型洗腸剤が飲みやすくて良かったとコメント頂いております。一方、錠剤はやや大きく、従来型の法が飲みやすかったと言う声も少数ありました。このあたり意見が分かれるのは予想通りでしたが、質問の中で一つだけ全くの予想外だった事があります。
それは次回検査を受けるとすれば「自宅で洗腸剤服用」「クリニックで服用」どちらかよいですか?と言う質問でした。
検査準備説明の際に患者さんから「洗腸液で何回もトイレに行きたくなるのなら、家で飲むとクリニックに来る途中でトイレに行きたくならないか心配です」とよく相談を受けました。トイレの心配をしながらのクリニック移動するのは大変であろうと言う配慮から、当初クリニックに来院していただき朝から洗腸液を服用していただいておりました。逆に最近になり説明を聞いて家で飲めそうですと言う声も多くきかれるため、今年の秋からは自宅で服用に変えておりました。
その結果は、8対2位で自宅で服用希望の方が多いのではないかと思っていましたが、なななんと、全員が次回「自宅で洗腸剤服用」に丸をつけられておりました。そりゃ、クリニックで午前中過ごすよりも、家でテレビをみながらゆったり過ごす方が良いですよね。トイレの心配をされていた方々も、案ずるよりも産むが易し、次回も受けるなら自宅での服用希望に丸をされておりました。
ホント、生の声はありがたいものです。と言うことで「自宅服用」「クリニックで服用」の議論にあっさりと結論が出ました。来年以降も、「自宅で服用」していただきます。
アンケートに御協力いただき、本当にありがとうございました。今後も皆さまの声を積極的に診療に取り入れさせていただきますので宜しくお願いいたします。
今年も残すところあとわずかとなりました。みなさま、良いお年をお迎えください。
Make a wish for new year!

胃・大腸の検査をバリウム検査や便検査だけですませていませんか

胃カメラ胃の検査をバリウム検査だけですませていませんか? 胃カメラ検査(胃内視鏡検査)でないと見つけられない病状あります。
胃カメラが怖いと思っている方も、中島クリニックでは鼻から入れる経鼻胃内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
大腸の検査を便検査(便潜血検査)だけですませていませんか? 大腸カメラでがんの早期発見、大腸ポリープを切除することで大腸がんの予防ができます。
大腸カメラが痛い検査と思っている方も、中島クリニックでは意識下鎮静法を用いた大腸内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
胃カメラ検査の予約は電話で出来ます。
大腸カメラの予約は診察が必要です。電話で予約できません。
お気軽にご相談ください。
休診日:木曜・日・祝