新型インフルエンザ(豚インフルエンザ)フェイズ5

WHO(世界保健機関)からの警戒レベルがフェイズ5に引き上げられ、新型インフルエンザの感染拡大状況は全く目を離せない状況です。私も頻回、CDC(米国疾病予防管理センター)http://www.cdc.gov/や日本の国立感染症研究所http://idsc.nih.go.jp/index-j.htmlから発信される情報などを確認、今後日本で発生が確認された時どのような行動を取るべきか頭の中でシュミレーションしています。
20世紀には3回のインフルエンザの世界的大流行(パンデミック)がありました。スペイン風邪(1918年)、アジア風邪(1957年)、香港風邪(1968年)です。過去の経験をそのまま生かすことができればよいのですが、その時と状況が全く異なるのは、当時に比べ遙かに国際化が進んでおり水際での感染防止が困難な事です。良い面で当時と異なるのはPCRという遺伝子検査方法が発達しており短時間で正確なウイルス情報を特定出来る、タミフル、リレンザなどの抗ウイルス薬がある(新型インフルエンザに効くかどうかは不詳)、ワクチン製造技術が発達している点です。
何れにしても溢れる情報に過剰に反応せず、しかし注意は怠らないよう冷静に対処する必要があります。

胃・大腸の検査をバリウム検査や便検査だけですませていませんか

胃カメラ胃の検査をバリウム検査だけですませていませんか? 胃カメラ検査(胃内視鏡検査)でないと見つけられない病状あります。
胃カメラが怖いと思っている方も、中島クリニックでは鼻から入れる経鼻胃内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
大腸の検査を便検査(便潜血検査)だけですませていませんか? 大腸カメラでがんの早期発見、大腸ポリープを切除することで大腸がんの予防ができます。
大腸カメラが痛い検査と思っている方も、中島クリニックでは意識下鎮静法を用いた大腸内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
胃カメラ検査の予約は電話で出来ます。
大腸カメラの予約は診察が必要です。電話で予約できません。
お気軽にご相談ください。
休診日:木曜・日・祝