大腸カメラ検査について、よく受ける質問

大腸検査のためには、大腸の中を空っぽにする準備がとても大切です。便が大腸に残っていると、便にポリープや病変が隠れてしまい正確な検査の妨げとなります。当院では、そのため検査前の準備(前処置)に力をいれています。前日に検査食、下剤服用、当日に洗腸液内服、そしてようやく大腸検査となります。
よく聞かれる質問(FAQ)をQ&A形式にしてみました。

Q.検査のための準備(前処置)は前日から必要と聞きましたが、検査前日仕事は出来ないのでしょうか?
A.検査前日は普段通り仕事できますのでご安心ください。正確な大腸検査の妨げとなる残便、残渣を減らすために前日お昼、夜と検査食を食べていただきますが、パック食になっていますので、仕事場や外出先で食べる事ができます。

Q.大腸検査後の食事について教えてください
A.検査後は普通に食事を食べていただけます。ポリープや腫瘍などから組織を取って調べる精密検査(生検)をした際にも普通に食事を食べていただけます、出血予防のためアルコール類は検査当日だけはさすがに控えてください。ポリープなどを切除(内視鏡治療)した際には、出血予防のため1週間の禁酒とスポーツを控えていただきます。

Q.検査当日の洗腸剤はクリニックで飲むのでしょうか?
いいえご自宅で飲んでいただけます。大腸検査の説明時に、自宅で飲める洗腸液パックをお渡しいたします。
午前中に洗腸剤を飲むと、5-6回、多い方で10回以上便が出て腸の中が空っぽになります。お昼12時頃にクリニックに来ていただき検査となります。クリニックで洗腸液を飲むのと、自宅で飲むのとどちらが良いかアンケートに協力していただいた結果、圧倒的多数の方が自宅での服用を希望され、今は自宅でくつろいだ状態で洗腸液を飲んでいただいております。

胃・大腸の検査をバリウム検査や便検査だけですませていませんか

胃カメラ胃の検査をバリウム検査だけですませていませんか? 胃カメラ検査(胃内視鏡検査)でないと見つけられない病状あります。
胃カメラが怖いと思っている方も、中島クリニックでは鼻から入れる経鼻胃内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
大腸の検査を便検査(便潜血検査)だけですませていませんか? 大腸カメラでがんの早期発見、大腸ポリープを切除することで大腸がんの予防ができます。
大腸カメラが痛い検査と思っている方も、中島クリニックでは意識下鎮静法を用いた大腸内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
胃カメラ検査の予約は電話で出来ます。
大腸カメラの予約は診察が必要です。電話で予約できません。
お気軽にご相談ください。
休診日:木曜・日・祝