小児用肺炎球菌ワクチン、成人用肺炎球菌ワクチン、髄膜炎菌ワクチン、インフルエンザ菌b型ワクチン、ワクチン名は似ていてややこしい

ワクチン接種による病気予防の重要性が広く認知されるようになり、様々な種類のワクチンに関する相談を受ける機会が増えました。今日は名前が混同しやすいワクチンについてお話いたします。
髄膜炎、肺炎などを名前に含むワクチンは特に複雑です。
通称「肺炎ワクチン」は「成人用肺炎球菌ワクチン」を指します、日本では未認可ですが肺炎球菌ワクチンには「小児用肺炎球菌ワクチン」もあります。
「髄膜炎ワクチン」と言う言葉が「インフルエンザ菌b型ワクチン、ヒブワクチン」を指すつもりで使われる事があるのですが、髄膜炎菌髄膜炎を予防する「髄膜炎菌ワクチン」もありますので「髄膜炎ワクチン」と言う呼び名は避けた方がよいですね。
ワクチン名、製品名、通称など同じもの同士列挙してまとめてみます。

・インフルエンザ菌b型ワクチン、ヒブワクチン、アクトヒブ、ActHib

・成人用肺炎球菌ワクチン、ニューモバックス、Pneumovax、23価肺炎球菌ワクチン、いわゆる肺炎ワクチン

・小児用肺炎球菌ワクチン(日本未認可)、プリブナー、Prevnar、7価肺炎球菌ワクチン

・髄膜炎菌ワクチン(日本未認可)、メンスバックス、Mencevax

今はまだ小児用肺炎球菌ワクチンは未認可ですが、本日、厚生労働省薬事・食品衛生審議会の部会で、小児用肺炎球菌ワクチンを承認して差し支えないとの結論をまとめました。早ければ本年中にも「小児用肺炎球菌ワクチン」が日本でも使えるようになりそうです。乳幼児の細菌性髄膜炎予防に朗報です。

胃・大腸の検査をバリウム検査や便検査だけですませていませんか

胃カメラ胃の検査をバリウム検査だけですませていませんか? 胃カメラ検査(胃内視鏡検査)でないと見つけられない病状あります。
胃カメラが怖いと思っている方も、中島クリニックでは鼻から入れる経鼻胃内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
大腸の検査を便検査(便潜血検査)だけですませていませんか? 大腸カメラでがんの早期発見、大腸ポリープを切除することで大腸がんの予防ができます。
大腸カメラが痛い検査と思っている方も、中島クリニックでは意識下鎮静法を用いた大腸内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
胃カメラ検査の予約は電話で出来ます。
大腸カメラの予約は診察が必要です。電話で予約できません。
お気軽にご相談ください。
休診日:木曜・日・祝