げっぷから考えられる病気

内科・消化器を専門としていますので「胃の痛み」「お腹の痛み」で相談に来られる方が多いのですが、胃腸の「痛み」以外に、意外と多くの方が悩まされている症状に「げっぷ」があります。
今年3月に健康情報テレホンサービスに「げっぷから考えられる病気」をテーマに書きましたのでブログにアップします。

げっぷとは
げっぷは胃の中にたまった空気が上にあがり食道を通って口から出る現象です。正常な状態でも食べ物と一緒に飲み込まれた空気が胃の中には少量あります。胃酸の上への逆流を防止する食道と胃のつなぎ目にある筋肉の働きがゆるんだり、空気が胃の中に多量にたまると、げっぷとして上に上がってきます。そのためにげっぷは、健康な時にでも起きます。
げっぷが出ることは異常ではありませんが、げっぷが頻回起きるような時には色々な病気が隠れている事がありますので注意する必要があります。

げっぷの原因としては
逆流性食道炎、食道裂孔ヘルニアなどの、食道と胃のつなぎ目にある逆流防止弁の働きが不十分なため、胃酸が食道へ逆流してしまう病気があります。胃酸が上に込みあがってくるため、げっぷの他に、胸焼け、胸の熱さなどの症状を伴うこともあります。
胃潰瘍、十二指腸潰瘍も、げっぷの原因となります。潰瘍の場合はげっぷの他に、食後のみぞおちの痛み、お腹が空いた時の痛み、食欲不振などを伴うこともあります。
精神的な原因でもげっぷの原因となることもあります。空気を無意識に飲み込んでしまっている呑気症(どんきしょう)です。精神的な不安や、ストレス、緊張から頻回につばを飲み込む時に空気も飲み込んでしまいます。
その他、慢性胃炎、胃がん、食道がん、胆のう、膵臓の病気などでもげっぷが出ることもあります。

げっぶの原因として、ストレス、不安など精神的な要因がある一方、食道がん、胃がんなど悪性の病気が隠れており、げっぷをきっかけに病気が発見されることがあります。たかがげっぷ、されどげっぷです。

胃・大腸の検査をバリウム検査や便検査だけですませていませんか

胃カメラ胃の検査をバリウム検査だけですませていませんか? 胃カメラ検査(胃内視鏡検査)でないと見つけられない病状あります。
胃カメラが怖いと思っている方も、中島クリニックでは鼻から入れる経鼻胃内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
大腸の検査を便検査(便潜血検査)だけですませていませんか? 大腸カメラでがんの早期発見、大腸ポリープを切除することで大腸がんの予防ができます。
大腸カメラが痛い検査と思っている方も、中島クリニックでは意識下鎮静法を用いた大腸内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
胃カメラ検査の予約は電話で出来ます。
大腸カメラの予約は診察が必要です。電話で予約できません。
お気軽にご相談ください。
休診日:木曜・日・祝