やしゃぶし花粉症

外はまだまだ寒いですが、来年の花粉症対策について相談を受ける事が増えました。花粉症がひどい方にとっては来年のスギ花粉飛散量は非常に気になるところです。
花粉の飛散量は、前年夏の日照時間、気温から予測します。今年の夏は猛暑どころではなく酷暑でした、結果スギ花粉飛散予想は今年の10倍とも言われています。スギ花粉の時期は2月~4月です。
花粉症が強い方でも、飛散予測の1~2週間程前からの適切な薬の服用で楽に過ごせます。西宮界隈では例年2月15日前後からスギ花粉飛散が始まりますので逆算すると、花粉症の薬を始める目安は2月最初の週位です。

1月にはスギ花粉は飛散していないはずなのですが、不思議な事に1月にも花粉症が出る方が結構いらっしゃいます。原因のひとつが「やしゃぶし」です。聞き慣れない名前ですが、やしゃぶし(夜叉五倍子)はハンノキ属の山地にはえる5メートル前後の木です。
クリニック近くの甲山森林公園でも多数増生しています。昔、六甲山周辺造成の際緑化目的でやしゃぶしが植樹された経緯もあり、六甲下ろしと共に花粉をまき散らすのです。やしゃぶしの花粉が飛散する時期は長く1月~5月位です。
本来ほとんど花粉の飛散がない筈の1月に花粉症を起こす「やしゃぶし」困ったものです。

胃・大腸の検査をバリウム検査や便検査だけですませていませんか

胃カメラ胃の検査をバリウム検査だけですませていませんか? 胃カメラ検査(胃内視鏡検査)でないと見つけられない病状あります。
胃カメラが怖いと思っている方も、中島クリニックでは鼻から入れる経鼻胃内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
大腸の検査を便検査(便潜血検査)だけですませていませんか? 大腸カメラでがんの早期発見、大腸ポリープを切除することで大腸がんの予防ができます。
大腸カメラが痛い検査と思っている方も、中島クリニックでは意識下鎮静法を用いた大腸内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
胃カメラ検査の予約は電話で出来ます。
大腸カメラの予約は診察が必要です。電話で予約できません。
お気軽にご相談ください。
休診日:木曜・日・祝