震災、いま取り組めること

「言葉が見つからない」と言う気持ちです。
阪神淡路大震災では家が全壊した経験あり、一瞬にして平穏な日常を失う困難さは知っています。
兵庫県医師会から救護に関するFAXが届いていました。救護は日赤、病院、医師会等組織単位で行う必要があるのは当然です。

それとは別に個人でできる事を考え、まず2点取り組んでみました。

1.電力消費を減らす
2.献血

1.に関しては50Hz 60Hzの違いはあるものの、周波数変換器を通して西日本からも電力を融通できるようなので、関西にいても電力消費を減らすのは意味があると思われます。今このblogを書いている間にも東北電力も計画停電検討のニュースが入ってきているので電力不足は深刻です。今後も励行必要です。

2.昨日、兵庫県赤十字血液センターミント神戸献血ルームに行ってきました。驚いたのが若者を中心とする多数の献血者で受付まで1時間半待ち、比較的すいている三宮センタープラザ献血ルームに歩いて移動して献血しました。献血ルールの壁に血液型別に必要な献血数の張り紙があり、恒常的に血液が不足している事が明らかでした。献血400mlから赤血球、血小板、血漿に成分を分けられます。
血漿は1年程保存ができますが、赤血球は21日、血小板に至っては4日しか保存できません。と言う事は一時に皆が献血を行うよりも、継続的にばらばらに行く事が大切なのです。このblogを読んで、私も献血へ、と思っていただける方がいらっしゃれば幸甚です。今すぐ行くもよし、またその思いをしばらく保持、しばらく経ってから行っていただくのも良いかもしれません。

継続が大切です。

胃・大腸の検査をバリウム検査や便検査だけですませていませんか

胃カメラ胃の検査をバリウム検査だけですませていませんか? 胃カメラ検査(胃内視鏡検査)でないと見つけられない病状あります。
胃カメラが怖いと思っている方も、中島クリニックでは鼻から入れる経鼻胃内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
大腸の検査を便検査(便潜血検査)だけですませていませんか? 大腸カメラでがんの早期発見、大腸ポリープを切除することで大腸がんの予防ができます。
大腸カメラが痛い検査と思っている方も、中島クリニックでは意識下鎮静法を用いた大腸内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
胃カメラ検査の予約は電話で出来ます。
大腸カメラの予約は診察が必要です。電話で予約できません。
お気軽にご相談ください。
休診日:木曜・日・祝