インフルエンザ(H1N1)2009とは

少し気が早いですが、今シーズン(2011年~2012年度)インフルエンザワクチンに関する情報です。
今シーズンのインフルエンザワクチンの中にもA型2種類とB型1種類、計3種類の抗原(ワクチン株)が含まれています。
使われているワクチン株は昨シーズンと同じです。
1.季節性インフルエンザ2009 A/カリフォルニア/7/2009(H1N1)pdm09
2.季節性A香港型 A/ビクトリア/210/2009(H3N2)
3.季節性B型 B/ブリスベン/60/2008

1.は以前、ブタインフルエンザや新型インフルエンザと呼ばれていたものです。「呼ばれていた」と過去形で書いた事にご留意ください。今年の4月から「新型インフルエンザ」は新型扱いすることなく、季節性として扱う事となりました。それに伴い呼び名もインフルエンザ(H1N1)2009になりました。

さらに、子供のワクチン接種量も変更となりました。
昨シーズンまでは、1回接種量が年齢で0.1ml 0.2ml 0.3ml 0.5mlと細かく分けられていましたが、この接種量が海外のワクチン接種量に比べて少ないために抗体価が不十分である等の議論がありました。
接種量が増え、今シーズンから、1回接種量は0.25ml 0.5mlの2段階となりました。
・3才未満 0.25mlx2回接種
・3才以上~13才未満 0.5mlx2回接種
・13才以上 0.5mlx1回接種(これは昨年までと同じです)

胃・大腸の検査をバリウム検査や便検査だけですませていませんか

胃カメラ胃の検査をバリウム検査だけですませていませんか? 胃カメラ検査(胃内視鏡検査)でないと見つけられない病状あります。
胃カメラが怖いと思っている方も、中島クリニックでは鼻から入れる経鼻胃内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
大腸の検査を便検査(便潜血検査)だけですませていませんか? 大腸カメラでがんの早期発見、大腸ポリープを切除することで大腸がんの予防ができます。
大腸カメラが痛い検査と思っている方も、中島クリニックでは意識下鎮静法を用いた大腸内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
胃カメラ検査の予約は電話で出来ます。
大腸カメラの予約は診察が必要です。電話で予約できません。
お気軽にご相談ください。
休診日:木曜・日・祝