ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎に対する除菌治療

保険でピロリ菌の治療が受けることができるのは、今まで、胃潰瘍、十二指腸潰瘍の患者さんだけでした。正確には、聞き慣れない病名ですが、胃MALTリンパ腫、特発性血小板減少性紫斑病、早期胃癌に対する内視鏡的治療後の患者さんなども保険診療の対象でした。

平成25年2月21日厚生労働省保険局医療課長から通達があり、ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎に対するピロリ菌除菌療法を健康保険診療で行うことができるようになりました。

テレビ、新聞などでも話題になり「胃炎」でも保険でピロリ菌を検査してピロリ菌治療ができるようになったことはご存じの通りです。

メディアで「胃炎」の部分が強調され過ぎたためか、誰もがピロリ菌検査及び治療を保険で簡単に受けられる誤解を招いているようですので、少し補足しておきます。

先ほどの厚生労働省保険局医療課長からの通達に
「内視鏡検査において胃炎の確定診断がなされた患者」
の文言が入っています。

分かりにくい表現です。
胃カメラを受けて胃炎と診断されたら、ピロリ菌検査ができる、ピロリ菌陽性なら除菌治療を保険でできると言うことです。

いや、まだ分かりにくいですね。
意訳すると、
保険でピロリ菌検査及び治療するためには、胃カメラ検査を受ける必要があると言うことです。

「胃炎」でピロリ菌除菌を行うのは胃癌予防のためです。除菌の前に胃癌がないことをきちんと確認しておくことは極めて大切な事であり、胃カメラ検査が要件に入ったと思われます。

「ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎」に対するピロリ菌除菌が保険適応となりましたが、内視鏡によるチェックが必要であることに留意ください。

内視鏡検査は、病院で受ける検査だけでなく、ドックなどで受けた内視鏡も含まれます。

・ドックで胃カメラを受けて胃炎と診断受けた、ピロリ菌いるかどうか調べて欲しい
・ドックで胃カメラを受けて胃炎と診断受けた、同時に行った血液検査でピロリ菌陽性と言われたので、除菌したい。

上記の場合は保険でピロリ菌検査、ピロリ菌除菌治療を受けることができます。

胃・大腸の検査をバリウム検査や便検査だけですませていませんか

胃カメラ胃の検査をバリウム検査だけですませていませんか? 胃カメラ検査(胃内視鏡検査)でないと見つけられない病状あります。
胃カメラが怖いと思っている方も、中島クリニックでは鼻から入れる経鼻胃内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
大腸の検査を便検査(便潜血検査)だけですませていませんか? 大腸カメラでがんの早期発見、大腸ポリープを切除することで大腸がんの予防ができます。
大腸カメラが痛い検査と思っている方も、中島クリニックでは意識下鎮静法を用いた大腸内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
胃カメラ検査の予約は電話で出来ます。
大腸カメラの予約は診察が必要です。電話で予約できません。
お気軽にご相談ください。
休診日:木曜・日・祝