異様な色をした食道

当院では、胃カメラや大腸カメラの結果は、内視鏡写真を添付したレポートとして患者さんにお渡ししています。
潰瘍やポリープなど病変があれば、その写真付きのレポートに書き込んで説明しています。

お渡ししたレポートを再度持って来られ「この変な色をした所は病気でしょうか」と聞かれることがあります。
指さされているところは、食道の写真です。
確かに、緑色の毒々しい色をしています。
025
胃カメラ検査後の説明で「この写真は、がんの早期発見のために毛細血管などを見やすくするフィルターのために緑色になっていますが、正常です」と伝えています。

ところが、家に帰って家人(奥さまや旦那さん)に結果を見せると、「そこ、緑色の所、病気なんじゃないの」「癌じゃない」など、とんでもない事を気易く言うようです。

冗談のつもりで、とんでもない事を言うのは、どうも旦那さんが奥さまに対してが多い気がしますが、気のせいでしょうか。

旦那さんの何気ない一言が冗談と知っていても、毒々しい色をした写真を見れば見るほど、心配になってくる気持ち、お察しいたします。

これは、狭帯域光観察(NBI:Narrow Band Imaging)と言って、粘膜表層の毛細血管や粘膜表面の模様などを強調するための特殊なフィルターをかけての観察です。そのために、緑と茶色の入り交じった、異様な色を呈しています。
ちなみに、通常光(普通の内視鏡)での写真はこんな感じです。
024
みなさまの食道の色は、きれいな赤ピンク色で緑色でありませんのでご安心ください。

当院で導入しているオリンパス内視鏡EVIS LUCERA ELITE
http://www.olympus.co.jp/jp/news/2012b/nr121002luceraj.jsp
中段にNBI写真あります。

胃・大腸の検査をバリウム検査や便検査だけですませていませんか

胃カメラ胃の検査をバリウム検査だけですませていませんか? 胃カメラ検査(胃内視鏡検査)でないと見つけられない病状あります。
胃カメラが怖いと思っている方も、中島クリニックでは鼻から入れる経鼻胃内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
大腸の検査を便検査(便潜血検査)だけですませていませんか? 大腸カメラでがんの早期発見、大腸ポリープを切除することで大腸がんの予防ができます。
大腸カメラが痛い検査と思っている方も、中島クリニックでは意識下鎮静法を用いた大腸内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
胃カメラ検査の予約は電話で出来ます。
大腸カメラの予約は診察が必要です。電話で予約できません。
お気軽にご相談ください。
休診日:木曜・日・祝