禁煙成功のキーワード 「3」

昨年1年間に当院で禁煙治療に取り組まれた方の禁煙成功率を集計いたしました。
頑張って3ヶ月の治療を完遂された方の禁煙成功率はなんと、94%と予想以上にすばらしいものでした。
患者さんの禁煙に対する意気込みと私の禁煙治療への熱意が効を奏した結果と、一人でも多くの方が禁煙成功され素直に喜んでいます。

と、ここまで読むと、比較的簡単に禁煙できそうな気がするかもしれませんが、実はこの続きがあります。
タバコは習慣性が非常に強いため、喫煙習慣がとれるまで治療は3ヶ月間、5-6回の根気よい通院が必要となります。
診察では、禁煙に取り組まれている様子を伺いながら、タバコの本数が減った事を一緒に喜んだり、うっかりタバコを買ってしまう衝動にかられないよう生活スタイルの改善などアドバイスしたりしています。

禁煙を決意して来院されても、2週間程禁煙に取り組んだところで残念な事に中断してしまう方が多く、がんばって3ヶ月間の禁煙治療を完遂される方は半数位に減ってしまうのが現状です。
禁煙はやはり容易ではないようです。

禁煙治療を中断された方々に理由を聞いてみました。
「最初の2週間で簡単にタバコを止められたので、通院しませんでした」
と意外な答えが返ってきます。飲み薬や禁煙シールが効いて、一度はタバコを止められていたのです。
その後を聞くと
「1週間もたたない内にまた吸いはじめてしまいました」
と皆さん同じ返事です。

せっかく禁煙出来かけているのに「もったいない」と言うより「ニコチン依存性の強さをまざまざと思い知らされる経過です。

別の見方をすれば、生活習慣改善と禁煙治療薬の効果で、一旦タバコをやめる事までは案外簡単にたどり着けます。
でも、油断してしまう。
禁煙成功へのポイントは、3ヶ月間だけは治療を続けることにあります。3ヶ月間禁煙を続ければ習慣性はかなりとれますので、治療終了後の再喫煙率は限りなくゼロに近づきます。

これから禁煙治療に取りくまれる方、是非3ヶ月を目標に取り組んでみてください。
タバコから見事に解放されます。

胃・大腸の検査をバリウム検査や便検査だけですませていませんか

胃カメラ胃の検査をバリウム検査だけですませていませんか? 胃カメラ検査(胃内視鏡検査)でないと見つけられない病状あります。
胃カメラが怖いと思っている方も、中島クリニックでは鼻から入れる経鼻胃内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
大腸の検査を便検査(便潜血検査)だけですませていませんか? 大腸カメラでがんの早期発見、大腸ポリープを切除することで大腸がんの予防ができます。
大腸カメラが痛い検査と思っている方も、中島クリニックでは意識下鎮静法を用いた大腸内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
胃カメラ検査の予約は電話で出来ます。
大腸カメラの予約は診察が必要です。電話で予約できません。
お気軽にご相談ください。
休診日:木曜・日・祝