内視鏡用炭酸ガス送気装置

前回ブログの続きです。内視鏡用炭酸ガス送気装置(UCR)はこんな機械です。
ika
地味な機械ですが、効果は抜群です。

内視鏡本体の横にあるのが医療用炭酸ガスボンベです。
2_1
炭酸ガス送気装置を介し圧を調節、内視鏡に送ります。

従来は、腸内に入れた空気は、「おなら」として放出されるのを待つ必要がありましたが、炭酸ガスは放出する必要なく、すみやかに体内に吸収され、呼気(息)として排出されます。

お腹のガスはたまると、「おなら」として体内に出るまでは、不快感や場合によっては痛みの原因となりますが。炭酸ガスは、即体内に吸収されるので、大腸の中でガスとして残らず、不快感がありません。

空気の代わりに炭酸ガスを用いると言うシンプルなアイデアですが、炭酸ガス併用の大腸カメラ、ホント楽です。

炭酸ガス導入前、大腸検査後の患者さんとの会話はこんな感じでした
「大腸検査後おなかのはりどうですか?」
「まだ、ちょっとはりが残っています」
もしくは
「トイレでおならが出たら、楽になりました」

それが、炭酸ガス導入後、患者さんとの会話はこんな感じに変わりました。
「大腸検査後おなかのはりどうですか?」
「なんともないですが」
検査後お腹のはり感や違和感がほとんどないので、お腹の具合わざわざ確認されるまでもない感じです。

現在、西宮市内のクリニックで内視鏡用炭酸ガス送気装置(UCR)を導入している施設は当院含め5施設のみです。

今は導入している施設は限られていますが、非常に優れた方法です、炭酸ガス併用大腸検査、今後普及していくのではないでしょうか。

胃・大腸の検査をバリウム検査や便検査だけですませていませんか

胃カメラ胃の検査をバリウム検査だけですませていませんか? 胃カメラ検査(胃内視鏡検査)でないと見つけられない病状あります。
胃カメラが怖いと思っている方も、中島クリニックでは鼻から入れる経鼻胃内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
大腸の検査を便検査(便潜血検査)だけですませていませんか? 大腸カメラでがんの早期発見、大腸ポリープを切除することで大腸がんの予防ができます。
大腸カメラが痛い検査と思っている方も、中島クリニックでは意識下鎮静法を用いた大腸内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
胃カメラ検査の予約は電話で出来ます。
大腸カメラの予約は診察が必要です。電話で予約できません。
お気軽にご相談ください。
休診日:木曜・日・祝