胸焼け、逆流性食道炎の話

健康情報テレホンサービスに、胸焼け、逆流性食道炎の話を寄稿しましたので紹介いたします。
読むのと違い、耳からの話なので、一文一文を短く区切り、医学用語を避け平易な言葉を使うようにいたしました。
0120-979-451
で聞いていただくことができます。
123456

今日は、「胸焼け(逆流性食道炎)の話」をお送りします。

食べ過ぎたり、飲み過ぎたりした時などに「胸焼け」を感じた事があるでしょうか。
「胸焼け」の主な原因が逆流性食道炎です。胃酸が食道に逆流する事による症状です。

逆流性食道炎の症状は「胸焼け」の他に、「げっぷがよく出る」「苦い水のこみ上げ感」「おなかのはり感」として感じることがあります。さらに「胸の痛み」「のどの痛み「「のどのひりひり感」の原因となることもあります。

このように、逆流性食道炎はさまざまな症状が出る病気ですが、自己判断で逆流性食道炎と断定するのは禁物です。

食道や胃にポリープやがんが出来ると、食べ物の流れが悪くなり、逆流性食道炎と似たような症状が出ることがあります。症状が続く時は、かかりつけ医療機関に相談して、必要な時には消化器専門の医療機関を紹介してもらい、胃カメラ検査を受けるようにしましょう。

胃酸は、塩酸のような強い酸(pH1-2)でできています。食道と胃のつなぎ目は、胃酸や食べ物が上にこみ上げないように、逆流を防止する弁になっています。この場所を締め付ける筋肉が緩くなったり、弁がずれたりすると、逆流性食道炎を起こします。

食道は、胃と違って酸に強くありません。食道への胃酸の逆流が続くと、食道の表面がただれたり、ひどい場合は潰瘍という深い傷をつくってしまいます。

逆流性食道炎の治療はいくつかあります。
治療の中心となるのが、「プロトンポンプ阻害薬」と呼ばれる、胃酸を押さえる薬です。1日1回飲むだけで、かなり症状が改善されます。

また薬だけでなく、食事療法も効果があります。夜遅く食事を摂ることや、脂肪分をひかえるようにしましょう。アルコールやカフェインは、食道と胃のつなぎ目の逆流を防止する弁を緩める働きがありますので、控える事が大切です。さらに、肥満も逆流性食道炎の原因となりますので、体重にもご注意ください。

胃・大腸の検査をバリウム検査や便検査だけですませていませんか

胃カメラ胃の検査をバリウム検査だけですませていませんか? 胃カメラ検査(胃内視鏡検査)でないと見つけられない病状あります。
胃カメラが怖いと思っている方も、中島クリニックでは鼻から入れる経鼻胃内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
大腸の検査を便検査(便潜血検査)だけですませていませんか? 大腸カメラでがんの早期発見、大腸ポリープを切除することで大腸がんの予防ができます。
大腸カメラが痛い検査と思っている方も、中島クリニックでは意識下鎮静法を用いた大腸内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
胃カメラ検査の予約は電話で出来ます。
大腸カメラの予約は診察が必要です。電話で予約できません。
お気軽にご相談ください。
休診日:木曜・日・祝