食物アレルギーとアドレナリン自己注射(エピペン)

1234先日、小学校の学校保健委員会で「食物アレルギーとアドレナリン自己注射(エピペン)」の話をさせていただきました。
多くの先生、父兄の方々に参加していただきありがとうございました。

食物アレルギーやアドレナリン自己注射(エピペン)の話となると、救急処置、エピペンの使い方などが中心となるのですが、今回は、エピペンを使うような事態が起こることを回避する「予防」的な内容も前半に含めました。

前半は予防を中心に
アナフィラキシーの予防は原因物質の除去につきる。最重要点
抗アレルギー薬の効果はアナフィラキシー予防としての効果は限定的
アナフィラキシーによる死亡者数は食べ物アレルギーよりも、実はハチが原因の方が多い。対応はハチのケースでも食べ物アレルギーでも同様に急を要する。
学校生活指導管理表を活用して、生徒さんのアレルギー状況の把握
学校、父兄、救急隊、医療機関との連携を事前に相談確認

後半は救急処置とアドレナリン自己注射(エピペン)を中心に
針がついていない練習用のエピペン(エピペントレーナー)をみんなで回して練習。
アレルギー症状、皮膚、呼吸器系、消化器系の話。
アドレナリン自己注射(エピペン)を使うタイミング。
呼吸器系の症状があれば、迷わず使う事を強調。

最後に、bystander(バイスタンダー)という言葉を紹介しました。
たまたま現場に居合わせた人のことです。

バイスタンダーが迷わず行動を起こすことはもちろん大切ですが、バイスタンダーが全てを抱え込むことはないことも伝えました。

救急時には、応急処置、AED、エピペンを取りに行く、父兄に連絡、必要時救急車要請など同時に全てを発動することが必要となり、そのためにも周囲に声をかけて人を呼ぶことが重要な事を伝えました。

1時間半程の限られた時間でしたが、講演後の質問も尽きず、熱心に参加していただきありがとうございました。

胃・大腸の検査をバリウム検査や便検査だけですませていませんか

胃カメラ胃の検査をバリウム検査だけですませていませんか? 胃カメラ検査(胃内視鏡検査)でないと見つけられない病状あります。
胃カメラが怖いと思っている方も、中島クリニックでは鼻から入れる経鼻胃内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
大腸の検査を便検査(便潜血検査)だけですませていませんか? 大腸カメラでがんの早期発見、大腸ポリープを切除することで大腸がんの予防ができます。
大腸カメラが痛い検査と思っている方も、中島クリニックでは意識下鎮静法を用いた大腸内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
胃カメラ検査の予約は電話で出来ます。
大腸カメラの予約は診察が必要です。電話で予約できません。
お気軽にご相談ください。
休診日:木曜・日・祝