ロングフライト症候群を予防する方法

ロングフライト症候群、いわゆるエコノミークラス症候群についてのお話です。

エコノミークラスだけでなく、ビジネスクラスの利用でも起こりえますので。エコノミークラス症候群と呼ぶのは間違いですが、閉鎖空間で長時間過ごすときに起こる病気というイメージは惹起されますよね。正式病名は「深部静脈血栓症」です。

飛行機の中だけでなく、長期間の車中泊などでも起きます。被災後の車中泊でも起こることが話題になったのは記憶に新しいところです。

naka
連載第2回
ロングフライト症候群を予防する方法

今や、日本から年間1600万人が海外旅行に行く時代。ヨーロッパやアメリカなど、6時間以上の空の旅にでかける人に気をつきえてほしい「ロングフライト症候群」についてお話します。

Q ロングフライト症候群とは何ですか?
A 医学的には「深部静脈血栓症/肺塞栓症」といいい、足(下肢)にできた血の塊(血栓)が静脈に乗って肺へ運ばれ、肺の血管が詰まる状態です。
長時間、狭い場所で同じ姿勢を続けることや、脱水が主な原因となります。足の痛み、足がつる、胸の痛み、息苦しさなどがある他、ショックや突然死の原因にもなります。
自覚無く数日経ってから発症することもあり、注意が必要です。
かってはエコにミークラス症候群とも呼ばれましたが、ビジネスクラス、ファーストクラスの利用者はもとより、男女を問わず、若者から高齢者まで、すべての人におこり得ます。飛行機だけでなく、悪条件下の車中泊でも起きます。

Q 病気療養中で心配です。
A 40歳以上、肥満、糖尿病、経口避妊薬(ピル)を含むホルモン療法中、妊娠・出産後、6週間以内に大手術(脳外科、心臓外科、整形外科、婦人科、泌尿器科手術等)をした人、がんなどの人は、症状が出やすいので配慮を。念のために主治医に確認を。

Q ロングフライト症候群にならないためには?
A 機内での過ごし方に予防の予防のコツがあります。4つの方法を紹介します。

1.長時間、同じ姿勢で座らない・・・狭い空間で座り続けると静脈内で血流が停滞し、血液の粘度が上昇して「血栓」ができます。それを防ぐため、
・1-2時間ごとトイレなどへ席をたつ。
・つま先の上げ下げ、足首回し、屈伸運動をする。
・足を組まない、
といったことを心がけてください。

2.水分補給・・・一般的な飛行機の機内湿度は10-20%。サハラ砂漠並みに乾燥しています。座っているだけでも、1時間に80mlの水分が体内から自然に蒸発するので脱水の予防を。
・ミネラルウオーターを飲む。ハワイ行き約8時間で640ml(500mlペットボトル1本強)、ヨーロッパ行き12時間で900ml(同約2本分)が失われます。
・アルコールやコーヒーを飲み過ぎない。利尿作用があり脱水の原因に。無料サービスでも飲み過ぎないで。
・睡眠薬を使わない。自然な眠りで身体のサインに気づけるように。
・ゆったりとした服装。ベルトを緩めるなど。私は関西国際空港からスエット上下姿で搭乗します(笑)。

胃・大腸の検査をバリウム検査や便検査だけですませていませんか

胃カメラ胃の検査をバリウム検査だけですませていませんか? 胃カメラ検査(胃内視鏡検査)でないと見つけられない病状あります。
胃カメラが怖いと思っている方も、中島クリニックでは鼻から入れる経鼻胃内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
大腸の検査を便検査(便潜血検査)だけですませていませんか? 大腸カメラでがんの早期発見、大腸ポリープを切除することで大腸がんの予防ができます。
大腸カメラが痛い検査と思っている方も、中島クリニックでは意識下鎮静法を用いた大腸内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
胃カメラ検査の予約は電話で出来ます。
大腸カメラの予約は診察が必要です。電話で予約できません。
お気軽にご相談ください。
休診日:木曜・日・祝