名前だけ知っている国内で珍しい病気。忘れず予防接種を。破傷風、狂犬病、日本脳炎

破傷風、狂犬病、日本脳炎など、日本ではほとんど発症していませんが、海外、特に東南アジアでは、まだまだ注意が必要な病気です。

破傷風、狂犬病、日本脳炎。名前を聞いた事がある方も多いでしょう。
渡航する前に、調べておいてほしいのが、これらの病気に関する基礎知識とワクチンの存在です。
そして日本で自分が過去に接種してききたワクチンについて再確認してください。

Q 日本で受けている予防接種はインフルエンザワクチンぐらいです。渡航を前に、接種を検討するべきワクチンについて教えてください。
A  海外旅行と国内で流行するインフルエンザは、一見関係なさそうですが、日本で接種しているインフルエンザワクチンもWHO(世界保健機関)の推奨に準じ ており、海外旅行の際にある程度は使えます。船旅などの長期旅行、日本と気候が逆の南半球の国に行く人は日本でインフルエンザが流行していなくても、流行 地に行く可能性があります。
 さらに、高齢者にこそ必要なのが「肺炎球菌ワクチン」。一般的に「肺炎のワクチン」とも言われています。無理なスケジュールで体力が落ちたところで、インフルエンザかかり、こじらせて肺炎になると致命的。インフルエンザワクチンと肺炎球菌ワクチンの併用で肺炎や肺炎による死亡率の減少を期待できます。
加えて、以下の予防接種についても知っておきましょう。
破傷風
 冒険旅行等でケガをする可能性の高い人に。破傷風菌は世界中の土壌の至る所に存在します。特に途上国では先進国よりもケガをしやすい環境であることと、医療事情が悪いので接種がすすめられてます。
  20代前半までの人は、三種混合ワクチン(ジフテリア、破傷風、百日咳)の定期予防接種のワクチンに含まれていたので、それを受けていればOKです。1回 の追加接種で10年間有効です。定期予防接種で三種混合ワクチンを受けていない人は、半年間で計3回の接種が必要です。
狂犬病
 発病すれば、100%死亡する病気です。オーストラリアなど一部を除き、イヌだけでなくキツネ、アライグマ、コウモリなども病原体をもっています。中国、東南アジア、アフリカ、中南米では多数発症しています。
 ワクチンは4週間間隔で2回接種し、さらに6-12ヶ月後に3回目を接種します。最短でも接種に半年必要ですので計画的に。
日本脳炎

  流行地(東アジア、南アジア、東南アジア)へ行く人は接種を。日本脳炎ウイルスを保有する蚊の刺咬(しこう)によって起こる重篤な急性脳炎です。短期旅行 でのリスクは低いものの、長期滞在の人はぜひ。ワクチンは1-4週間隔で2回接種し、1年後追加接種を1回、計3回の接種が必要です。計画的に接種する必 要があります。

胃・大腸の検査をバリウム検査や便検査だけですませていませんか

胃カメラ胃の検査をバリウム検査だけですませていませんか? 胃カメラ検査(胃内視鏡検査)でないと見つけられない病状あります。
胃カメラが怖いと思っている方も、中島クリニックでは鼻から入れる経鼻胃内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
大腸の検査を便検査(便潜血検査)だけですませていませんか? 大腸カメラでがんの早期発見、大腸ポリープを切除することで大腸がんの予防ができます。
大腸カメラが痛い検査と思っている方も、中島クリニックでは意識下鎮静法を用いた大腸内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
胃カメラ検査の予約は電話で出来ます。
大腸カメラの予約は診察が必要です。電話で予約できません。
お気軽にご相談ください。
休診日:木曜・日・祝