緑内障と診断されたら、眼科主治医の先生に、自分がどのタイプの緑内障か必ず聞いて知っておきましょう。

ドックなどで胃検査の前に必ず「緑内障」有無の問診が必ずあります。
胃の動きを少なくして、精密な検査を行うために「ブスコパン」という薬を注射するのですが、胃の蠕動運動をおさえる「ブスコパン」が緑内障の方には使えないのです。

ブスコパンには「抗コリン作用」があり緑内障発作を起こすことがあるために、禁忌とされております。禁忌とは使ってはならぬ、ということです。

緑内障の方に使えない薬としてはブスコパンの他に、抗ヒスタミン剤入の風邪薬、リン酸コデインなどの咳止め、ベンゾジアゼピン系の薬(睡眠薬、安定剤)、その他多数あります。

では、緑内障があれば風邪薬も飲めないのでしょうか。

緑内障には大きく分けて2種類あります。
細かい分類がさらにあるのですが、大切なのは次の2種類です。

・開放隅角緑内障
・閉塞隅角緑内障

どちらであるかが、他の薬を併用するときに大切です。

・開放隅角緑内障(緑内障発作を起こさないタイプ)
・閉塞隅角緑内障(緑内障発作を起こしうるタイプ)

開放隅角緑内障であれば、風邪薬、ブスコパン、その他抗コリン作用をもつ薬、気にする必要はありません。緑内障の90%は開放隅角緑内障(緑内障発作を起こさないタイプ)です。

私は診察の時に緑内障をもっている方に下に添付した紙を渡しています。
眼科主治医の先生に確認してもらい、自分の病気のことを正確に知ってもらうようにしています。
PDFファイルで添付しています。プリントアウトしてご活用ください。
ryoku
緑内障問診をダウンロード

まとめ
開放隅角緑内障であれば併用薬、問題なし。
閉塞隅角緑内障であれば併用薬、要注意です。

胃・大腸の検査をバリウム検査や便検査だけですませていませんか

胃カメラ胃の検査をバリウム検査だけですませていませんか? 胃カメラ検査(胃内視鏡検査)でないと見つけられない病状あります。
胃カメラが怖いと思っている方も、中島クリニックでは鼻から入れる経鼻胃内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
大腸の検査を便検査(便潜血検査)だけですませていませんか? 大腸カメラでがんの早期発見、大腸ポリープを切除することで大腸がんの予防ができます。
大腸カメラが痛い検査と思っている方も、中島クリニックでは意識下鎮静法を用いた大腸内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
胃カメラ検査の予約は電話で出来ます。
大腸カメラの予約は診察が必要です。電話で予約できません。
お気軽にご相談ください。
休診日:木曜・日・祝