週1-2回までのアルコールが適量

前回ブログ「百薬の長とも言われるお酒の適量は、1日たったビール中瓶 半分」
お読みいただきありがとうございます。かなり反響ありました。
そんな少量飲んだ気がしない、とガッカリする声がほとんどでしたが。

今回は週何回ぐらいの飲酒が適量であるかについてです。

愛酒家の方から、またしてもガッカリする声が聞こえてきそうな結果です。
figure02
アルコール飲まない人と比べ

時々飲む人
週1-2回
週3-5回
週6回以上

のリスクを比較したのが右のグラフです。
1.0であればアルコール飲まない人と危険度は同じ
1.0より数値が大きければ、リスク大です。

時々飲む人、週1-2回飲む人は飲まない人と1.0前後
週3-5回飲む人はリスク1.2と増加
週6回以上で、1.6と急上昇

お酒は、時々飲む、もしくは週1-2回嗜む程度がいいようです。

「休肝日どれぐらい必要ですか」
と聞かれ
今までは「週2回ぐらいは休肝日つくりましょう」
と言っていたのですが、
今後は
「週5回ぐらいの休肝日が理想ですね」
と理想論をかかげる必要がありそうです。

週3-4回までは飲まない人とリスク変わらず大丈夫、毎日飲むと死亡リスク上昇の研究結果もあります。
アルコールに関して多数の研究ありますが、共通するのは、毎日の飲酒はさまざまな疾患のリスクを上げる点です。

「毎日の飲酒はさける方がよい」
は確かです。

胃・大腸の検査をバリウム検査や便検査だけですませていませんか

胃カメラ胃の検査をバリウム検査だけですませていませんか? 胃カメラ検査(胃内視鏡検査)でないと見つけられない病状あります。
胃カメラが怖いと思っている方も、中島クリニックでは鼻から入れる経鼻胃内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
大腸の検査を便検査(便潜血検査)だけですませていませんか? 大腸カメラでがんの早期発見、大腸ポリープを切除することで大腸がんの予防ができます。
大腸カメラが痛い検査と思っている方も、中島クリニックでは意識下鎮静法を用いた大腸内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
胃カメラ検査の予約は電話で出来ます。
大腸カメラの予約は診察が必要です。電話で予約できません。
お気軽にご相談ください。
休診日:木曜・日・祝