中年必読。アルコールと脳梗塞の残念な関係

好評のアルコールシリーズ続編です。

 

アルコールは、百薬の長「ほどほどのお酒は、ストレス解消にも、体にもいい」と言われているがどうなのだろう。

 

僕も患者さんに聞かれ「タバコは1本吸ったら1本分害があるからダメ、アルコールは適量なら肝臓で十分に分解できるのでOKですよ」と言っていました。

でも、この後半部分を今後は改める必要あるかもしれません。

 

アルコールが百薬の長であればJカーブを呈することになる。

Jカーブとは、Jの形が示すように、

Jの左端すこし上がったところが「飲まない人」 「中」

Jの下の一番下がったUの部分が「適量のアルコールをのむ人」 「低」

Jの右I字型に上がる部分が「大酒する人」 「高」

 

もし、アルコールと健康の関係を調べて

「飲まない人」病気は少ない、

「適量飲む人」は「飲まない人」よりもさらに病気が減る

「大酒する人」は病気が増える

となれば、

少量のアルコールは寿命を延ばし、飲み過ぎると当然のことながら短くなる、Jカーブを形成することとなる。

 

運動と健康の関係はJカーブを描きます。

「全く運動しない」よりも、「適度な運動」は寿命を延ばします。しかし過ぎたるは及ばざるがごとしで「過剰な運動は」逆に病気のリスクを高めてしまいます。

 

お酒は飲み過ぎると、血圧を高くして、脳梗塞のリスクが高くなることが知られています。これは厳然とした事実ですが、もし適度なお酒が百薬の長とすれば、少量のお酒は脳梗塞を減らし、Jカーブを描くことになります。

これを調べた結果がStrokeという脳卒中専門医学誌に報告されています。

20160823225321

45~64才、12,433人を平均22年間、脳梗塞の発症率とアルコール飲酒量の関係を調べています。

グラフの左端が「飲まない人」

真ん中が「適量のむ人」

右側が「大酒する人」

愛酒家の期待する結果は、真ん中「適量のむ人」のリスクが下がるJ字型のグラフなのですが、右上に直線的に上がっていく曲線を描いています。

 

少量のアルコールは百薬の長ではなく、飲まないのが一番体によいと、

身も蓋もない結果でした。

胃・大腸の検査をバリウム検査や便検査だけですませていませんか

胃カメラ胃の検査をバリウム検査だけですませていませんか? 胃カメラ検査(胃内視鏡検査)でないと見つけられない病状あります。
胃カメラが怖いと思っている方も、中島クリニックでは鼻から入れる経鼻胃内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
大腸の検査を便検査(便潜血検査)だけですませていませんか? 大腸カメラでがんの早期発見、大腸ポリープを切除することで大腸がんの予防ができます。
大腸カメラが痛い検査と思っている方も、中島クリニックでは意識下鎮静法を用いた大腸内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
胃カメラ検査の予約は電話で出来ます。
大腸カメラの予約は診察が必要です。電話で予約できません。
お気軽にご相談ください。
休診日:木曜・日・祝