B型肝炎ウイルスル量(HBV DNA量)が国際単位IU/mLに変わります

2016年からB型肝炎ウイルス量単位がcopies/mLからIU/mLに変わります。

B型肝炎ウイルス量は、copies/mLの単位が使われていました。
世界では国際単位(IU)が使われており、日本ではコピー単位が用いられていましたが、日本肝臓学会の指針で、国際単位(IU)へ移行することが決まりました。

20161027003426
(Roshe diagnostiscs資料)

Log表記で、従来の数値(copies/mL)からおおよそ0.76を引いた値が、国際単位(IU/mL)となります
しばらくは検査結果に、copies/mLとIU/mLが併記されますので、どちらの単位でのウイルス量か確認してください。

大切な数値
B型肝炎の特効薬である核酸アナログを導入するかどうかなどの基準に4と言う数値があります。4Log copies/mlをIUへ換算すると

 4 Log copies/ml = 2000IU/mL = 3.3 Log IU/mL
となります。

コピー単位から国際単位への移行、キロメートルとマイルの差ぐらい違和感ありますが、単位は慣れるしかないですね。

胃・大腸の検査をバリウム検査や便検査だけですませていませんか

胃カメラ胃の検査をバリウム検査だけですませていませんか? 胃カメラ検査(胃内視鏡検査)でないと見つけられない病状あります。
胃カメラが怖いと思っている方も、中島クリニックでは鼻から入れる経鼻胃内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
大腸の検査を便検査(便潜血検査)だけですませていませんか? 大腸カメラでがんの早期発見、大腸ポリープを切除することで大腸がんの予防ができます。
大腸カメラが痛い検査と思っている方も、中島クリニックでは意識下鎮静法を用いた大腸内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
胃カメラ検査の予約は電話で出来ます。
大腸カメラの予約は診察が必要です。電話で予約できません。
お気軽にご相談ください。
休診日:木曜・日・祝