インフルエンザ予防接種問診票をじっくり眺めてみた|この問診票はすばらしい

気温が下がり、インフルエンザがそろそろ流行してきています。
クリニック周辺では幸い全くインフルエンザ流行しておりませんが、近隣宝塚市や西宮市北部(名塩)では大流行しております。

日常生活でのインフルエンザ対策は
・十分な睡眠で体調を整えること
・手洗い
あと、
・予防接種
です。

インフルエンザ予防接種の問診票をよくながめてみる

インフルエンザ予防接種をするときには、問診票から、アレルギーや持病を確認、問題ないことを医師が確認してから接種となります。

この2種類の問診票を比べて違いわかりますでしょうか?

質問事項に大きな差はありません。
でも、この上下2つの問診票には大きな差があります。

実際に問診票に○をつけたものを比べてみましょう。

インフルエンザ問診票、「はい」「いいえ」の順に着目

上の問診票は質問事項に問題なければ右に○が並ぶように作成されています。
下の問診票は回答欄に左に「はい」右に「いいえ」が並べてあります。そのため、○が左右の欄に散らばってしまいます。
どの項目に問題があるのか確認するのにてまどります。
上の問診票は解答欄の左に○があれば、すぐに分かります。

上の問診票は縦に視点を動かすだけで、チェック機能が働くことがおわかりいただけるかと思います。
下の問診票は、視点が、左右に飛ぶので、一個一個項目を確認する必要があります。

まとめ
インフルエンザ問診票の「はい」「いいえ」左右並びを少し工夫するだけですが、大きな違いです。
医療のリスク管理は、このような小さなことの積み重ねです。

胃・大腸の検査をバリウム検査や便検査だけですませていませんか

胃カメラ胃の検査をバリウム検査だけですませていませんか? 胃カメラ検査(胃内視鏡検査)でないと見つけられない病状あります。
胃カメラが怖いと思っている方も、中島クリニックでは鼻から入れる経鼻胃内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
大腸の検査を便検査(便潜血検査)だけですませていませんか? 大腸カメラでがんの早期発見、大腸ポリープを切除することで大腸がんの予防ができます。
大腸カメラが痛い検査と思っている方も、中島クリニックでは意識下鎮静法を用いた大腸内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
胃カメラ検査の予約は電話で出来ます。
大腸カメラの予約は診察が必要です。電話で予約できません。
お気軽にご相談ください。
休診日:木曜・日・祝