インフルエンザ出席停止期間|発症した後五日を経過し、かつ、解熱した後二日(幼稚園は三日)を経過するまで。インフルエンザ蔓延予防のため出席停止期間基準以前より長くなっています

近隣でも小中学生を中心にインフルエンザが流行してきています。

診断、治療も大切ですが、インフルエンザが治ったら、いつから学校にいってよいのかも気になるところです。

インフルエンザ出席停止期間は、学校保健安全法施行規則による基準があります。

「発症した後五日を経過し、かつ、解熱した後二日(幼稚園は三日)を経過するまで」です。

以前は「解熱した後二日を経過するまで」でした。2012年から、それに加え「発症した後五日を経過」と改正されています。


引用: 学校において 予防すべき感染症の解説 – 文部科学省
インフルエンザ薬がない時代は「解熱した後二日を経過するまで」が妥当な期間でした。

タミフル、リレンザなどの抗ウイルス薬の投与で症状が早期に軽快、解熱します。
その場合、解熱してはいるけれど、まだまだまだウイルスの排出が続いていることがあります。
そこで「発症した後五日を経過し」の文言が加えられたのです。

「発症した後五日を経過し」がわかりにくい表現です。感覚的には熱が出て5日経てば、と解釈できそうですが違います。発症(発熱など)した日を0日目と数え、翌日から数えます。翌日が1日目となります。
例えば日曜日に発熱したとすれば、
日1 月2 火3 水4 木5、熱が下がっていれば金曜日から学校に行けそうですが、このようには数えません、
月曜日が1日目です。熱が出た日曜日は0日目です。
日0 月1 火2 水3 木4 金5
土曜日から学校に行けます。

なお、学校保健安全法施行規則による出席停止期間は、あくまでも「基準」です。
いつから学校に行ってよいかは、病状により判断が必要です。
自己判断せず、診察を受けた医師に直接確認してください。

胃・大腸の検査をバリウム検査や便検査だけですませていませんか

胃カメラ胃の検査をバリウム検査だけですませていませんか? 胃カメラ検査(胃内視鏡検査)でないと見つけられない病状あります。
胃カメラが怖いと思っている方も、中島クリニックでは鼻から入れる経鼻胃内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
大腸の検査を便検査(便潜血検査)だけですませていませんか? 大腸カメラでがんの早期発見、大腸ポリープを切除することで大腸がんの予防ができます。
大腸カメラが痛い検査と思っている方も、中島クリニックでは意識下鎮静法を用いた大腸内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
胃カメラ検査の予約は電話で出来ます。
大腸カメラの予約は診察が必要です。電話で予約できません。
お気軽にご相談ください。
休診日:木曜・日・祝