成人の10人に1人が過敏性腸症候群|便秘型過敏性腸症候群、初となる治療薬リンゼス(リナクロチド)もうすぐ日本でも使えるようになります

成人の10~8人に1人が悩まされている、過敏性腸症候群。
過敏性腸症候群は、下痢や便秘を繰り返し、腹痛、腹満感をともないます。
命に関わる病気ではありませんが、トイレに走る、トイレに籠もる事をしいられ、生活の質を著しく低下させます。

ストレスが過敏性腸症候群の主な原因です。原因不明もおおいのですが。
クリニックのある西宮市は、働き盛りの会社員や学生さんがが多いためか、ストレスからの腹部症状の相談多く受けます。

過敏性腸症候群には
・便秘型
・下痢型
・交代性便通異常(下痢、便秘を繰り返す)
があります。

便秘型過敏性腸症候群(IBS-C)の薬、リンゼス(リナクロチド)がもうすぐ日本でも使えるようになります。

最近の薬、名前なんだか覚えにくいですね。
リンゼス(便秘型過敏性腸症候群薬)
デザレックス(抗アレルギー薬))
ヴィキラックス(C型肝炎治療薬)

ヨーデル(下剤) 「よく出る」を連想させる下剤、ヨーデルぐらいわかりやすいネーミングだと覚えやすいのですが。

アメリカではLinzess(リンゼス)の名称で4年前からすでに使われています。日本では、アメリカで使われている名前をそのままカタカナ、リンゼスとしています。

Linzessはカナダでは、Constella(コンステラ)の名前で使われています。
Constipation=便秘からCon
Stellar=一流の、すばらしい、からstella
で合わせて、便秘をすばらしく改善的なニュアンスからのネーミングでしょうか。

リンゼスよりコンステラの方が、薬効を想像しやすい気がします。

リンゼス(リナクロチド)の作用機序は、ユニークです。
腸管にあるグアニル酸シクラーゼC(GC-C)受容体に作用、腸管内の水分分泌を促進して便秘型過敏性腸症候群を改善します。

引用: Linzess(linaclotide) drug information
https://www.accessdata.fda.gov/drugsatfda_docs/label/2012/202811s000lbl.pdf

便秘型の薬、今まで日本では使える薬ありませんでした。
海外ですでに効果が確認されているリンゼスが、早ければ年明け(2017年2月頃)から処方できます。

新しい作用機序のリンゼス(リナクロチド)の登場で、便秘型過敏性腸症候群、治療の幅が広がります。

便秘型には、過敏性腸症候群の薬である、コロネル(ポリカルボフィル)と緩下剤を微調節しながら、治療していました。

リンゼスで、便秘型過敏性腸症候群、特有の不快感から解放されることが期待できそうです

兵庫県西宮市 中島クリニック

胃・大腸の検査をバリウム検査や便検査だけですませていませんか

胃カメラ胃の検査をバリウム検査だけですませていませんか? 胃カメラ検査(胃内視鏡検査)でないと見つけられない病状あります。
胃カメラが怖いと思っている方も、中島クリニックでは鼻から入れる経鼻胃内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
大腸の検査を便検査(便潜血検査)だけですませていませんか? 大腸カメラでがんの早期発見、大腸ポリープを切除することで大腸がんの予防ができます。
大腸カメラが痛い検査と思っている方も、中島クリニックでは意識下鎮静法を用いた大腸内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
胃カメラ検査の予約は電話で出来ます。
大腸カメラの予約は診察が必要です。電話で予約できません。
お気軽にご相談ください。
休診日:木曜・日・祝