「リアルダ錠」新しい潰瘍性大腸炎治療薬が日本でも使えるようになりました|1日1回服用で効くリアルダ錠、効果と特徴

「リアルダ錠」はアメリカでは2007年から潰瘍性大腸炎治療に使われています。
海外ですでに9年以上治療実績のある待望の治療薬が、日本でも使えるようになりました。

錠剤、やや大きいです。

治療効果

潰瘍性大腸炎の標準的治療として「アサコール」という薬が使われます。「アサコールは」安倍総理が服用していることで有名になった薬です。
この標準治療薬と比べ、比劣性が確認されています。
ある新しい治療薬の効果を調べる時には、既に効果が確認されれている標準的な治療薬と効果を比べます。
標準薬と比べ効果が劣らない事が確認できたことを「比劣性」といいます。
比劣性、遠回しな表現ですが、わかりやすく表現すると、リアルダはアサコール同等よく効くということです。

(リアルダ錠インタビューフォーム)
http://www.mochida.co.jp/dis/interview/lia_n3r.pdf

特徴

1日1回だけの服用です。
1日1回なので飲み忘れにくく、服薬コンプライアンスが高まるのが特徴です。

リアルダ錠は、特殊なコーティーングを錠剤の周りに施されていて、ゆっくり溶けるように作られているために服用回数が、たった1回で効果が得られるのです。
さらに特殊なコーティーングのおかげで、薬は胃や小腸で溶けず、病変のある大腸にまで届きます。

リアルダ錠はアサコールと並んで、今後標準的な潰瘍性大腸炎治療薬となることが期待されます。

当院では昨年末からリアルダ錠による潰瘍性大腸炎治療に取り組んでいます。

胃・大腸の検査をバリウム検査や便検査だけですませていませんか

胃カメラ胃の検査をバリウム検査だけですませていませんか? 胃カメラ検査(胃内視鏡検査)でないと見つけられない病状あります。
胃カメラが怖いと思っている方も、中島クリニックでは鼻から入れる経鼻胃内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
大腸の検査を便検査(便潜血検査)だけですませていませんか? 大腸カメラでがんの早期発見、大腸ポリープを切除することで大腸がんの予防ができます。
大腸カメラが痛い検査と思っている方も、中島クリニックでは意識下鎮静法を用いた大腸内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
胃カメラ検査の予約は電話で出来ます。
大腸カメラの予約は診察が必要です。電話で予約できません。
お気軽にご相談ください。
休診日:木曜・日・祝