インフルエンザ流行|肺炎などインフルエンザ合併症をおこしやすいハイリスクグループ

先週末から近隣でもインフルエンザが大流行しています。

インフルエンザがこわいのは「合併症」です。
もちろん高熱、咳、しんどいのですが、数日で治まります。
入院治療が必要となったり、時として命にかかわる肺炎や脳症などの「合併症」による重症化に注意する必要があります。

感染症対策の総合研究所である、アメリカ疾病管理予防センター(Centers for Disease Control and Prevention: CDC)は「合併症」をおこしやすいハイリスクグループ(危険性の高い人)
https://www.cdc.gov/flu/about/disease/high_risk.htm

・5才以下の子供、特に2才以下
・65才以上
・妊婦
・出産後2週間以内
・介護施設入所者
・アメリカ先住民/アラスカ先住民

としています。

ハイリスクの方、そうでない方もですが
インフルエンザ流行期には
・入念な手洗い
・人混みをさける
・十分な睡眠をはじめとする体調管理
など予防が大切ですね。

余談、アメリカ先住民/アラスカ先住民は民族的にインフルエンザ重症化率が高いそうです。

胃・大腸の検査をバリウム検査や便検査だけですませていませんか

胃カメラ胃の検査をバリウム検査だけですませていませんか? 胃カメラ検査(胃内視鏡検査)でないと見つけられない病状あります。
胃カメラが怖いと思っている方も、中島クリニックでは鼻から入れる経鼻胃内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
大腸の検査を便検査(便潜血検査)だけですませていませんか? 大腸カメラでがんの早期発見、大腸ポリープを切除することで大腸がんの予防ができます。
大腸カメラが痛い検査と思っている方も、中島クリニックでは意識下鎮静法を用いた大腸内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
胃カメラ検査の予約は電話で出来ます。
大腸カメラの予約は診察が必要です。電話で予約できません。
お気軽にご相談ください。
休診日:木曜・日・祝