コーヒー摂取で脳卒中のリスクが低下|1日1杯のコーヒーで脳卒中リスクが軽減

真っ黒な見た目からか、
コーヒーは体に余りよくなさそうな印象があるかもしれません。

コーヒーは体に悪影響なく、逆にコーヒーを飲むことで
さまざまな病気が減ることが最近の研究から分かってきました。

1日コーヒー何杯までが適量かは、以下のブログをご参照ください。コーヒーは1日何杯まで|カフェイン量にして400mg、コーヒー約4杯までが適量
http://www.nakajima-clinic.com/2017/03/1318/

スウェーデンの女性34,670人を平均10.4年間フォローした研究から、
コーヒー摂取で脳卒のリスクが低下することが明らかになりました。

Larsson SC et al. Coffee consumption and risk of stroke in women. Stroke. 2011 Apr;42(4):908-12

コーヒーを飲む量で
・コーヒー摂取1日1杯未満の人(コーヒーほとんど飲まない人)
・1-2杯飲む人
・3-4杯飲む人
・5杯以上のむ人
を比較

コーヒーをほとんど飲まない人の脳卒中全体相対リスクを1.00とすると

1-2杯飲む人 0.78
3-4杯飲む人 075
5杯以上のむ人 0.77

コーヒーを飲む人は、ほとんど飲まない人に比べ脳卒中リスクが25%低下します。

コーヒーを1日1杯飲むだけで、脳卒中のリスクを減らすことができるという、興味深い報告の紹介でした。

胃・大腸の検査をバリウム検査や便検査だけですませていませんか

胃カメラ胃の検査をバリウム検査だけですませていませんか? 胃カメラ検査(胃内視鏡検査)でないと見つけられない病状あります。
胃カメラが怖いと思っている方も、中島クリニックでは鼻から入れる経鼻胃内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
大腸の検査を便検査(便潜血検査)だけですませていませんか? 大腸カメラでがんの早期発見、大腸ポリープを切除することで大腸がんの予防ができます。
大腸カメラが痛い検査と思っている方も、中島クリニックでは意識下鎮静法を用いた大腸内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
胃カメラ検査の予約は電話で出来ます。
大腸カメラの予約は診察が必要です。電話で予約できません。
お気軽にご相談ください。
休診日:木曜・日・祝