コーヒー摂取は死亡リスクを下げる|1日3-4杯のコーヒーが最も有効

胃カメラ結果を説明した時に、今日も患者さんから「コーヒー飲んで大丈夫でしょうか」と遠慮がちに聞かれました。
みなさん、コーヒーは胃に悪いイメージをもっているようです。

そんなことないですよ。

胃潰瘍でもあれば、さすがにしばらく控える必要ありますが、そうでなければ全く問題ありません。

最近の研究で、コーヒーが死亡率を下げることが分かってきました。
体に悪いのではなく、逆に体にいいのです。

国立がん研究センターが多目的コホート研究(JPHC研究)として40-69才の男女約9万人を追跡調査しました。コーヒー摂取と全死亡、その原因を検討した結果です。

(引用:国立がん研究センター多目的コホート研究JPHC)

コーヒーをほとんど飲まない群
1日1杯未満
1日1-2杯
1日3-4杯
1日5杯以上の群
に分けて全死亡リスクを検討

ほとんど飲まない群を 1.00とすると
1日1杯未満  0.91
1日1-2杯  0.85
1日3-4杯  0.76
1日5杯以上 0.85

コーヒーを飲む人の方が死亡リスク低かったのです。
しかも、そのリスクは、1日4杯までは、飲む量に比例して、リスクが低下する傾向があります。

さらに、死因別のリスクを解析すると、
コーヒーを飲む人の方が、心疾患リスク低い
コーヒーを飲む人の方が、脳血管疾患低い
コーヒーを飲む人の方が、呼吸器疾患低い

コーヒーを飲むことで
「心疾患」
「脳血管疾患」
「呼吸器疾患」
全て減っているのです。

海外の報告でも同様の傾向です。
(Citation:Ding M et al. Association of Coffee Consumption With Total and Cause-Specific Mortality in 3 Large Prospective Cohorts. Circulation. 2015 Dec 15;132(24):2305-15. )

コーヒーを飲まない人に比べ、
1杯飲む人より2杯飲む人
2杯飲む人より3杯飲む人
3杯飲む人より4杯飲む人
の方が死亡率低下しています。

さらに、興味深いのはこの研究では
デカフェ(カフェインが入っていないコーヒー)を飲む人の死亡リスクも調べています。

デカフェを飲んでいる人でも、コーヒーを飲まない人よりも死亡リスクが低下しています。

デカフェでも死亡リスクを下げる効果があります。

妊娠や授乳中など、カフェインをひかえた方が良い時はデカフェを愉しむのも、いいですね。

コーヒーに関する参考ブログ記事
コーヒー摂取で脳卒中のリスクが低下|1日1杯のコーヒーで脳卒中リスクが軽減

 1日コーヒー何杯までが適量かは、以下のブログをご参照ください。コーヒーは1日何杯まで|カフェイン量にして400mg、コーヒー約4杯までが適量

胃・大腸の検査をバリウム検査や便検査だけですませていませんか

胃カメラ胃の検査をバリウム検査だけですませていませんか? 胃カメラ検査(胃内視鏡検査)でないと見つけられない病状あります。
胃カメラが怖いと思っている方も、中島クリニックでは鼻から入れる経鼻胃内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
大腸の検査を便検査(便潜血検査)だけですませていませんか? 大腸カメラでがんの早期発見、大腸ポリープを切除することで大腸がんの予防ができます。
大腸カメラが痛い検査と思っている方も、中島クリニックでは意識下鎮静法を用いた大腸内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
胃カメラ検査の予約は電話で出来ます。
大腸カメラの予約は診察が必要です。電話で予約できません。
お気軽にご相談ください。
休診日:木曜・日・祝