予防医学的観点からの大腸内視鏡検査|大腸ポリープを内視鏡で切除することで大腸がんが予防できる

大腸内視鏡検査がなぜ必要であるかは

大腸内視鏡検査が大切な2つの理由|大腸がんの早期発見、大腸がんの予防
を参考にどうぞ

大腸カメラでポリープがあると、内視鏡で切除します。
なぜ、ポリープを切除するかご存知でしょうか?

ポリープがあるから、取っておこう、そんななんとなくの理由ではありません。
大腸ポリープ切除には明確な理由があります。

「大腸がんの予防」です。

大腸の細胞は、いきなり正常細胞から大腸がんになるわけでなく(そのような経過を取るガンもありますが)、多くの大腸ガンは、大腸ポリープを経てから癌化します。

正常細胞→大腸ポリープ(腺腫)→大腸がん

だから、大腸ポリープ(良性)の時期にポリープを切除してしまえば、ガンの予防になるのです。

この事を証明した有名なアメリカの研究報告があります。

(Citation: Ann Zauber et al. Colonoscopic Polypectomy and Long-Term Prevention of Colorectal-Cancer Deaths. N Engl J Med 2012; 366:687-696)

1980年から登録を開始、患者さんを約15年の長期(中央値15.8年)にわたり、内視鏡で大腸ポリープを切除した方の大腸がんが減るかどうかを検討しています。
その結果が2012年発表されています。

腺腫性ポリープを全て切除した人は
大腸癌による死亡率が53%抑制されていました。

まとめ
内視鏡で大腸ポリープを切除することで、大腸がんのリスクを1/2に減らすことができるのです。

参考記事
・大腸がん、大腸カメラで死亡率1/3に低下

胃・大腸の検査をバリウム検査や便検査だけですませていませんか

胃カメラ胃の検査をバリウム検査だけですませていませんか? 胃カメラ検査(胃内視鏡検査)でないと見つけられない病状あります。
胃カメラが怖いと思っている方も、中島クリニックでは鼻から入れる経鼻胃内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
大腸の検査を便検査(便潜血検査)だけですませていませんか? 大腸カメラでがんの早期発見、大腸ポリープを切除することで大腸がんの予防ができます。
大腸カメラが痛い検査と思っている方も、中島クリニックでは意識下鎮静法を用いた大腸内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
胃カメラ検査の予約は電話で出来ます。
大腸カメラの予約は診察が必要です。電話で予約できません。
お気軽にご相談ください。
休診日:木曜・日・祝