食道がんについて|食道がんの症状、要因、治療

健康情報テレホンサービスの原稿として「健康診断で肝機能異常を指摘されたら」をテーマに執筆したものです。

テーマ「食道がん」

兵庫県中島クリニック 中島敏雄

食道は、のどと胃の間にある、長さ25cm程の筒状の臓器です。食道は食べものを胃に送り込む働きをしています。

食道の表面をおおっている粘膜に発生する腫瘍が食道がんです。

 

食道がんの症状は、食べものが胸につっかえるような感じであったり、熱いものを飲んだときに食道にしみるような痛みを感じたりします。その他に体重が減ったり、背中の痛みを感じたりすることもあります。

食道がんで、必ず自覚症状が出るわけではありません。

自覚症状がなくても、会社の検診や人間ドックなどで早期の食道がんが偶然発見されることもあります。

食道がんによる死亡は、人口10万人あたり約9人です。肺がん、胃がん、大腸などと比べると、比較的頻度の低いがんです。しかし、喫煙と飲酒が食道がんのリスクであり、お酒が好きで、タバコをよく吸う人は特に注意する必要があります。

男性は女性に比べ6倍も食道がんが多いことが特徴です。男性の喫煙率、飲酒率が高いのが男性に食道がんが多い理由です。

 

食道がんになりやすい生活習慣及び体質をまとめると次のようなものです。

アルコール量が多い、

タバコを吸う、

熱い食べ物をよく食べる、

お酒をのむと顔がすぐに赤くなる体質で、お酒が弱いのに飲酒機会が多い

などです。

 

胃酸が食道に逆流して上がってくるために、胸焼けやげっぷが出る逆流性食道炎が近年増えています。食道は酸に弱いため、胃酸の逆流にさらされ続けるとバレット食道とよばれる粘膜に変わってきます。このバレット食道は食道がんになりやすいと言われています。

過去に内視鏡検査を受けてバレット食道を指摘されたことがある方は注意が必要です。

 

食道がんの治療には、外科手術、放射線治療、抗がん剤治療などがあります。内視鏡やCTなどで病変の広がりを調べ、治療方針を決めます。

早期の食道がんは、外科的手術を必要とせず、内視鏡で切除できることもあり、早期の病気を見つけることが重要です。

 

食べものつっかえ感、食道にしみる痛みなど、体調がおかしいと感じたら、内科や消化器内科の診察を受け相談されることをおすすめします。

胃・大腸の検査をバリウム検査や便検査だけですませていませんか

胃カメラ胃の検査をバリウム検査だけですませていませんか? 胃カメラ検査(胃内視鏡検査)でないと見つけられない病状あります。
胃カメラが怖いと思っている方も、中島クリニックでは鼻から入れる経鼻胃内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
大腸の検査を便検査(便潜血検査)だけですませていませんか? 大腸カメラでがんの早期発見、大腸ポリープを切除することで大腸がんの予防ができます。
大腸カメラが痛い検査と思っている方も、中島クリニックでは意識下鎮静法を用いた大腸内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
胃カメラ検査の予約は電話で出来ます。
大腸カメラの予約は診察が必要です。電話で予約できません。
お気軽にご相談ください。
休診日:木曜・日・祝