亜鉛欠乏による味覚障害、食欲不振|亜鉛欠乏症の診断と治療

消化器内科を専門としておりますので、外来に食欲不振でこられる患者さんが多くいらっしゃいます。

胃カメラで食道や胃に原因がみつかる事も多々ありますが、これといった原因が見つからないこともしばしばあります。

原因不明の食欲不振、留意しておく必要があるのが「甲状腺機能」と「亜鉛」です。

甲状腺はよく知られていることなので、あまり話題になることのない「亜鉛」についてのお話を中心にしていきます。

参考までに、甲状腺ホルモンはFT4とTSHを採血でチェックすることで確認できます

「亜鉛欠乏の症状」
亜鉛は全身さまざまな臓器に関わっています。
亜鉛が欠けると、味覚障害、皮膚炎がおきるのはよく知られていますが、その他、口内炎、脱毛、食欲低下、不妊症などにも関わっています。

「亜鉛欠乏の要因」
亜鉛欠乏の要因はさまざまです。
成長期の子供であれば接種不足。
成人では摂取不足、糖尿病、慢性肝炎、慢性腎臓病、関節リウマチ、クローン病や潰瘍性大腸炎といった炎症性腸疾が要因となります。

「亜鉛はどうやって調べるの」
亜鉛は採血で測定することができます。
60μg/dL未満を亜鉛欠乏症と診断します。
60~80μg/dL未満を潜在性亜鉛欠乏症と診断します。

通常の食事が摂れている方で亜鉛が60μg/dLの事は少ないですが、味覚障害や食欲不振で困られている高齢者の方で60~80μg/dLの軽度低下の浅在性亜鉛欠乏症、結構あります。

「亜鉛欠乏症や潜在性亜鉛欠乏症の治療」
亜鉛を補える薬は、プロマックとノベルジンの2種類だけです。

プロマックは胃薬なのですが、成分に亜鉛が含まれています。プロマック2錠で約32~34mgの亜鉛を補えます。

もうひとつはノベルジンです。こちらは酢酸亜鉛水和物で、亜鉛そのものです。
ノベルジンには25mg、50mg錠/カプセルがあり、ノベルジン50mg錠を2錠で亜鉛100mgが補えます。

「まとめ」
原因不明の味覚障害、食欲不振は「亜鉛」をいちどチェック。
あと「甲状腺ホルモン」確認も大切。

兵庫県西宮市 中島クリニック
内科・消化器内科
胃カメラ・大腸カメラ

胃・大腸の検査をバリウム検査や便検査だけですませていませんか

胃カメラ胃の検査をバリウム検査だけですませていませんか? 胃カメラ検査(胃内視鏡検査)でないと見つけられない病状あります。
胃カメラが怖いと思っている方も、中島クリニックでは鼻から入れる経鼻胃内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
大腸の検査を便検査(便潜血検査)だけですませていませんか? 大腸カメラでがんの早期発見、大腸ポリープを切除することで大腸がんの予防ができます。
大腸カメラが痛い検査と思っている方も、中島クリニックでは意識下鎮静法を用いた大腸内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
胃カメラ検査の予約は電話で出来ます。
大腸カメラの予約は診察が必要です。電話で予約できません。
お気軽にご相談ください。
休診日:木曜・日・祝