肥満と大腸がんリスク|現在のBMI(肥満度)は関係なし、10年前の肥満が大腸がんリスクと相関

大腸がんと生活習慣のお話の続きです。
運動で大腸がんリスクは下がります。
では、肥満との関連はどうなのでしょう。

関連記事
運動で大腸がん予防|運動と大腸がんの関係

多くの癌は、肥満でリスクが高まることが知られています。
膵臓癌、腎臓癌、肝臓癌などです。
乳がんも肥満でリスクが高まり、その傾向が顕著なのは閉経後の肥満です。

では、大腸がんはどうなのでしょう?

やはり肥満で大腸がんのリスクが高まります。

Citation: Isomura K et al. Physical activity and colorectal cancer: the Fukuoka Colorectal Cancer Study.  Cancer Sci. 2006 Oct;97(10):1099-104. Epub 2006 Aug 17.

大腸癌になった人の生活習慣を詳細に調べた興味深い報告があります。

現在太っているかやせているかは大腸癌のリスクとは関係なかったのです。

何が関係あったかといえば、10年前の肥満度です。
しかも関係があったのは、男性です。
女性は、太っていたかどうかは、大腸癌リスクと関係ありませんでした。

女性ホルモンは大腸がんを防ぐ方向に働いてくれ、女性ホルモンが肥満の悪い効果を打ち消してくれているので、女性では肥満と大腸がんの関連がないようです。

10年前にBMI(肥満指数)25を超していた肥満の人は、BMI23以下の標準体型の人と比べ、Odds比が1.7と倍近くの大腸がんリスクでした。

肥満男性に耳の痛い話です。

適度な運動と肥満を避けることが、
大腸がん予防につながります。

胃・大腸の検査をバリウム検査や便検査だけですませていませんか

胃カメラ胃の検査をバリウム検査だけですませていませんか? 胃カメラ検査(胃内視鏡検査)でないと見つけられない病状あります。
胃カメラが怖いと思っている方も、中島クリニックでは鼻から入れる経鼻胃内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
大腸の検査を便検査(便潜血検査)だけですませていませんか? 大腸カメラでがんの早期発見、大腸ポリープを切除することで大腸がんの予防ができます。
大腸カメラが痛い検査と思っている方も、中島クリニックでは意識下鎮静法を用いた大腸内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
胃カメラ検査の予約は電話で出来ます。
大腸カメラの予約は診察が必要です。電話で予約できません。
お気軽にご相談ください。
休診日:木曜・日・祝