便潜血検査の効果|大腸がん検便検査で3割も大腸癌死亡率が下げられる

ドックや市検診で行われている、便をとるだけの簡単な検査「便潜血検査」の効果についてお話します。

関連記事
大腸ポリープを切除しました。次何年後に大腸カメラ受けたらよいでしょうか?|ポリープがあれば1年後、なければ3年後

予防医学的観点からの大腸内視鏡検査|大腸ポリープを内視鏡で切除することで大腸がんが予防できる

大腸がん検便検査
便を専用容器にとって提出するだけの簡単な検査です。

大腸がん検便検査、非常に簡便な検査ですが、便潜血検査には、大腸がん死亡率を低下させる十分な証拠がありあす。

ミネソタ大腸がん対照試験とよばれる30年間にもおよび大腸癌の死亡率を評価した研究があります。
Aasma Shaukat et al. Long-Term Mortality after Screening for Colorectal Cancer. N Engl J Med 2013; 369:1106-1114September 19

50~80才の46,551人 を対象として
コントロール
年1回便潜血検査受ける人
2年に1回便潜血検査を受ける人
にわけて
30年間、大腸がん死亡率を比べています。

2年に1回便潜血を受けるだけで
相対リスク 0.78
2割も大腸癌死亡率低下

毎年大腸がん検便検査(便潜血検査)を受けるだけで
相対リスク 0.68
なんと、3割も大腸癌死亡率低下したのです。

採便するだけの簡単な検査ですが、効果絶大です。

もちろん便潜血検査を受けただけで、大腸癌死亡率が減ったのではありません。
便潜血検査で陽性となった人が大腸カメラなどで精密検査を受け、早期に大腸癌を発見、早い段階で治療に取り組めた結果、大腸癌死亡率が3割も低下したのです。

ドックで
・便潜血検査陽性 要精密検査
・便潜血検査 1回目(+)2回目(-) 要精密検査 と
要精密検査と指摘されたときはどうしたらよいでしょうか。

便潜血検査(+)をドックで指摘されました、
と外来に来られる方で、便潜血検査の再検を希望されることがあります。

便潜血検査の再検は行わず、
大腸カメラでの精密検査を行います。

なぜならば、再検して便潜血結果が(-)でも、大腸は大丈夫と全くいえないからです。
便潜血検査は、大腸ポリープや腫瘍、肛門部などからの出血が、たまたま便に付着したものをとらえているだけです。

ドックでコレステロール値高値を指摘されたのであれば、食生活改善の後に「再検」もいいでしょう。

しかし、便潜血検査(+)であった時の「再検」は意義がないといえます。

大腸がん検便検査が「陽性」であった時には、大腸カメラ検査が理想です。

参考記事
大腸内視鏡検査が大切な2つの理由|大腸がんの早期発見、大腸がんの予防

胃・大腸の検査をバリウム検査や便検査だけですませていませんか

胃カメラ胃の検査をバリウム検査だけですませていませんか? 胃カメラ検査(胃内視鏡検査)でないと見つけられない病状あります。
胃カメラが怖いと思っている方も、中島クリニックでは鼻から入れる経鼻胃内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
大腸の検査を便検査(便潜血検査)だけですませていませんか? 大腸カメラでがんの早期発見、大腸ポリープを切除することで大腸がんの予防ができます。
大腸カメラが痛い検査と思っている方も、中島クリニックでは意識下鎮静法を用いた大腸内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
胃カメラ検査の予約は電話で出来ます。
大腸カメラの予約は診察が必要です。電話で予約できません。
お気軽にご相談ください。
休診日:木曜・日・祝