自転車通勤は死亡率を下げる

座りっぱなしの生活が病気を増やしてしまうのは明らかです。
大腸がんも運動が予防になります
参考記事
運動で大腸がん予防|運動と大腸がんの関係

私は3ヶ月前から、
西宮市ドック読影など外勤のときは、
車での移動をやめ、
自転車で移動しています。
最近は車を使わない生活励行中です。

運動が体に良いのは分かっている。
でも、仕事で疲れて家に帰ってきてから、毎日ウオーキングに出かけるのは続かないものです。

糖尿病や高血圧を治療中の方には、通勤に二駅手前で降りてウオーキングを取り入れることを勧めています。

阪急甲東園駅が最寄りであれば、二駅前の西宮北口駅で降りて、二駅分の30分弱歩いて帰るだけで、週2時間以上ウオーキングができます。

通勤手段と健康に関することは海外でも関心が高いようです。

車通勤、徒歩通勤、自転車通勤
どれが、心血管疾患やがんを予防して、長生きできるか調べた研究があります。

英国での前向きコホート研究(prospective cohort study)です。
コホート研究ですので結果は客観性があります。
(Citation: Carlos A et al. Association between active commuting and incident cardiovascular disease, cancer, and mortality: prospective cohort study. BMJ. 2017 Apr 19;357)

26万3450人の参加者を
車や公共の移動機関(non-active)
徒歩通勤
自転車通勤
に分けています。

車や公共の移動機関で通勤する人と比べ、
自転車通勤は死亡率を相対危険度で59%
心筋梗塞などの心血管系の病気は48%に低下します。

自転車での通勤で、死亡率、心筋梗塞などの心血管系疾患の病気が半減するのです。

徒歩での通勤も、かなり効果あります。
死亡率はさがらないながらも、心筋梗塞などの心血管系の病気が36%減ります。

自転車での通勤効果絶大
徒歩での通勤もよし
という結果です。

さまざまな交絡因子を含め、国によって通勤事情はかなり異なるので、英国の話をそのまま日本に当てはめることとはできませんが、『Active commuting』体を動かすことが良いのは間違いありません。

むりのない範囲で、通勤手段を徒歩や自転車にかえてみてはどうでしょうか。

胃・大腸の検査をバリウム検査や便検査だけですませていませんか

胃カメラ胃の検査をバリウム検査だけですませていませんか? 胃カメラ検査(胃内視鏡検査)でないと見つけられない病状あります。
胃カメラが怖いと思っている方も、中島クリニックでは鼻から入れる経鼻胃内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
大腸の検査を便検査(便潜血検査)だけですませていませんか? 大腸カメラでがんの早期発見、大腸ポリープを切除することで大腸がんの予防ができます。
大腸カメラが痛い検査と思っている方も、中島クリニックでは意識下鎮静法を用いた大腸内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
胃カメラ検査の予約は電話で出来ます。
大腸カメラの予約は診察が必要です。電話で予約できません。
お気軽にご相談ください。
休診日:木曜・日・祝