今年のインフルエンザワクチン|平成29年度インフルエンザワクチン株 (2017/2018シーズン)

今シーズンのインフルエンザワクチン株が決まりました。
今年も
A型インフルエンザ株 2種
B型インフルエンザ株 2種
計4種類の4価ワクチンです。

3年前までは、
A型インフルエンザ株 2種
B型インフルエンザ株 1種
計3種類の3価ワクチンでしたが、一昨年から4価ワクチンに移行しています。

参考記事:https://www.nakajima-clinic.com/2015/06/265/

平成29年度インフルエンザワクチン株内容 (2017年/2018年シーズン)

平成29年度インフルエンザワクチン株 (2017/2018シーズン)は

(Citation: 国立感染症研究所ホームページ)

A型株
・A/Singapore(シンガポール)/GP1908/2015(IVR-180)(H1N1)pdm09
・A/Hong Kong(香港) /4801/2014(X-263)(H3N2)
B型株
・B/Phuket(プーケット)/3073/2013(山形系統)
・B/Texas(テキサス)/2/2013(ビクトリア系統)

となっています。昨シーズンからの変更は、A型株のH1N1がシンガポール/GP1908/2015(IVR-180)のみです。

その他A型H3N2とB型2種は昨シーズンと同じです。

WHO(世界保健機関)の推奨するインフルエンザワクチン株

毎年2月から3月頃にWHO(世界保健機関)から発表される推奨は

(Citatation: WHO recommendations on the composition of influenza virus vaccines
http://www.who.int/influenza/vaccines/virus/recommendations/2017_18_north/en/)

以下のA型2種、B型1種
・A/Michigan/45/2015 (H1N1)pdm09-like virus
・A/Hong Kong/4801/2014 (H3N2)-like virus
・B/Brisbane/60/2008-like virus

B型1種追加するときには
・B/Phuket/3073/2013-like virus
を推奨しています。

2017年度ワクチン製造状況

毎年ワクチン供給不足が話題となってしまうインフルエンザワクチンです。全国で昨年のインフルエンザワクチン使用本数2642万本でした。
今年は化血研、デンカ生研、北里、阪大微研等合計で2528万本インフルエンザワクチン供給予測となっております。昨年とほぼ同等量製造され混乱なくスムーズにインフルエンザワクチン接種できる予定です。

中島クリニックは例年通り、電話でのインフルエンザワクチン予約は行わず、診察の時に一人一人接種するかどうか相談してから予約いたします。

まとめ

H29年度インフルエンザワクチン株
2型種類種、B型2種類からなります。

・A/Singapore(シンガポール(H1N1)
・A/Hong Kong(香港)(H3N2)
・B/Phuket(プーケット)(山形系統)
・B/Texas(テキサス)(ビクトリア系統)

胃・大腸の検査をバリウム検査や便検査だけですませていませんか

胃カメラ胃の検査をバリウム検査だけですませていませんか? 胃カメラ検査(胃内視鏡検査)でないと見つけられない病状あります。
胃カメラが怖いと思っている方も、中島クリニックでは鼻から入れる経鼻胃内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
大腸の検査を便検査(便潜血検査)だけですませていませんか? 大腸カメラでがんの早期発見、大腸ポリープを切除することで大腸がんの予防ができます。
大腸カメラが痛い検査と思っている方も、中島クリニックでは意識下鎮静法を用いた大腸内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
胃カメラ検査の予約は電話で出来ます。
大腸カメラの予約は診察が必要です。電話で予約できません。
お気軽にご相談ください。
休診日:木曜・日・祝