高齢者の栄養状態がわかる簡単なアンケート| MNA-SF(Mini Nutritional Assessment-Short Form)簡易栄養状態評価表)

高齢の方が健やかに過ごせているか
食事、排泄、入浴などADL(日常生活動作)が保てているか
確認するために、

体重が減っていないか、
食事をとれているか、
外に散歩にでかけたりしているか、など
診察では、日常生活のようすを問診します

(おすすめ記事)
・肝硬変とサルコペニアの関係|サルコペニアって何だ。筋肉量低下による生活の質が低下

高齢者の栄養状態簡単な問診で分かるアンケートフォームがありますので紹介いたします。

MNA-SF(Mini Nutritional Assessment-Short Form)簡易栄養状態評価表)です。

6項目の点数を足して評価します。
14点満点で、高い方が栄養状態良好です。

12-14 ポイント 栄養状態良好
8-11 ポイント 低栄養のおそれあり
0-7 ポイント 低栄養

6項目は
・食事量
・体重増減
・日常の動作
・ストレスの有無
・精神、認知症の有無
・BMI(身長と体重から計算する肥満度) からなります。

精神的ストレスの有無の項目は、漠然とした主観的なものではありますが、採血の必要なく、簡単に評価できるのがMNA-SF特徴です。

http://www.nutri.co.jp/nutrition/keywords/ch1-5/z3.pdf
上記アドレスから、日本語問診票がダウンロードできます。

英語版しかありませんが、iPhone用のアプリもあります。アップルストアで「MNA」で検索するとみつかります。

MNA-SF、是非ご活用ください。

採血が必要となりますが、アルブミン(ALB)やコレステロール(T-Cho)などの測定、コリンエステラーゼ(ChE)のような肝臓の蛋白合成能を示す数値などもチェックすると、非常によい栄養の指標となります。

MNA-SF(Mini Nutritional Assessment-Short Form)簡易栄養状態評価表)

(Citation: http://www.nutri.co.jp/nutrition/keywords/ch1-5/z3.pdf)

A 過去3 ヶ月間で食欲不振、消化器系の問題、咀嚼・嚥下困難などで食事量が減少しましたか?
0=著しい食事量の減少
1=中等度の食事量の減少
2 = 食事量の減少なし

B 過去3 ヶ月間で体重の減少がありましたか?
0=3 kg 以上の減少
1=わからない
2 = 1~3 kg の減少
3 = 体重減少なし

C 自力で歩けますか?
0=寝たきりまたは車椅子を常時使用
1=ベッドや車椅子を離れられるが、歩いて外出はできない
2=自由に歩いて外出できる

D 過去3 ヶ月間で精神的ストレスや急性疾患を経験しましたか?
0=はい
2=いいえ

E 神経・精神的問題の有無
0=強度認知症またはうつ状態
1=中程度の認知症
2=精神的問題なし

F BMI
0=19 未満
1=19 以上、21 未満
2=21 以上、23 未満
3=23 以上

合計ポイント
12-14 ポイント 栄養状態良好
8-11 ポイント 低栄養のおそれあり
0-7 ポイント 低栄養

胃・大腸の検査をバリウム検査や便検査だけですませていませんか

胃カメラ胃の検査をバリウム検査だけですませていませんか? 胃カメラ検査(胃内視鏡検査)でないと見つけられない病状あります。
胃カメラが怖いと思っている方も、中島クリニックでは鼻から入れる経鼻胃内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
大腸の検査を便検査(便潜血検査)だけですませていませんか? 大腸カメラでがんの早期発見、大腸ポリープを切除することで大腸がんの予防ができます。
大腸カメラが痛い検査と思っている方も、中島クリニックでは意識下鎮静法を用いた大腸内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
胃カメラ検査の予約は電話で出来ます。
大腸カメラの予約は診察が必要です。電話で予約できません。
お気軽にご相談ください。
休診日:木曜・日・祝