下痢と便秘を繰り返す場合、大腸がん以外に考えられる病気

最近、下痢と便秘が交互に起きる・・・
便秘の後に下痢になったと思ったらトイレから出られない。
そもそも便秘や下痢は腸内環境の乱れが原因です。
また大腸がんやポリープなどの病気が隠れている場合もあります。
では便秘と下痢を繰り返す病気にはどのようなものがあるのでしょうか

下痢と便秘を繰り返す病気

下痢や便秘をきたす病気に過敏性腸症候群があります。

腸の動きが、あるとき過敏になりすぎて下痢その逆で便秘になるときがあります。

その他、下痢や便秘など便通の異常をきたす病気に大腸がんがあります。

腸の動きは自律神経で、消化が必要な時は動いて、必要ない時は休むように、無意識に調節されています。

このバランスが崩れ
動きすぎると下痢
逆に休み過ぎると便秘になります

腸の動きを調節する交感神経と副交感神経

自律神経は大きく分けると交感神経と副交感神経からなります。

敵と出会い、戦う時、全力で逃げる時に働くのが交感神経です。

敵と出会った時にトイレ(排便)に行っている場合ではありません。

交感神経がはたらくと、体ががんばれるよう、脈拍が早くなり、血圧もあがり、そして腸の運動は抑える方向「便秘」に傾きます。

敵と戦う、敵から逃げる時に、腸が動くこと(消化)は二の次です。

現代では、時間に追われて仕事をしている時、テストで緊張してている時などに働くのが交感神経です。

逆にゆったりとして過ごしている時に働くのが副交感神経です。

体を休めている時に働くのが副交感神経で、腸の動きをよくします。

腸内環境を良くするためにできること

ストレスを少なくしてリラックスする
・不安や緊張などのストレスを開放する

生活習慣を見直す
・過労や睡眠不足を解消する

 

下痢便秘、自律神経の乱れ以外の病気

下痢便秘を繰り返す病気の第1に挙げられるのが自律神経の乱れから、過敏性腸症候群です。
しかし、自律神経の乱れ以外にも便の具合が悪くなる病気があります。

例えば、便の通り道である腸が細くなると、当然便が通りにくくなり便秘になります。

このような状態になる病気に大腸がんや大腸ポリープがあります。

昔とくらべて便が細くなった、便秘などがあるのは通りにくくなる(通過障害)ためです。
大腸がんのために、逆に下痢になることもあるので注意が必要です。

狭いところに詰まりかけている便を、腸が頑張って動いて通そうとします。

無理やり通った便はうまく固まらず、下痢便状態となります。
大腸がんの時に、便秘だけでなく、下痢にあることがあるのはことためです。

勝手に自己診断するのは禁物!早めの診断が大切

下痢、便秘など便通異常をおこす病気に
大腸がん
過敏性腸症候群
潰瘍性大腸炎
などさまざな病気がかくれていることがあります。

原因を突き止めることが最も重要です。

また普段から便秘だからと下剤などを頻繁に服用していると、薬が効きにくくなり、
かえって便通障害を起こしてしまう場合も少なくありません。

下痢するから、下痢止め
便秘に、下剤
が治療ではありません。

ストレス性の過敏性腸症候群であれば、生活リズムの改善、睡眠、食生活を見直すことからです。

薬としては、
腸の動きを整える薬、
便の水分を調節する薬、
自律神経の緊張を和らげる薬
などもあります。

過敏性腸症候群による下痢、便秘であれば
生活習慣の改善、薬が治療の中心となります。
もちろん手術は必要ありません。

一方大腸ポリープや大腸がんによる、大腸の狭窄からくる便通異常であれば、早急に手術などが必要となります。

原因の特定には、大腸カメラが重要です。
大腸カメラで直接大腸を調べ、原因を特定します。
そして適切な治療を受ける必要があります。

大腸検査は痛くない検査

大腸の検査と言えば、大腸にカメラを入れる大腸内視鏡検査になります。

できれば避けて通りたい検査の代表かもしれません。
インターネットで「大腸カメラ」と検索したら、大変だったとか辛いなどの記載が見つかるかもしれません。

そのような話は、大腸カメラが始まった何十年も前の話です。

内視鏡検査技術の進歩により、熟練した医師が検査を行えば、大腸カメラは想像するようなしんどい検査では全くありません。

中島クリニックでは楽に大腸カメラを受けて頂けるよう様々な工夫をしております。

痛くない大腸カメラ検査

直接大腸の粘膜を調べるカメラの検査は精密で、正確な大腸の検査です。

便通がおかしいな?と思ったら迷っていないで検査する勇気を持つことが大事かもしれません。

40才を過ぎたら大腸カメラの検査をおすすめします。

胃・大腸の検査をバリウム検査や便検査だけですませていませんか

胃カメラ胃の検査をバリウム検査だけですませていませんか? 胃カメラ検査(胃内視鏡検査)でないと見つけられない病状あります。
胃カメラが怖いと思っている方も、中島クリニックでは鼻から入れる経鼻胃内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
大腸の検査を便検査(便潜血検査)だけですませていませんか? 大腸カメラでがんの早期発見、大腸ポリープを切除することで大腸がんの予防ができます。
大腸カメラが痛い検査と思っている方も、中島クリニックでは意識下鎮静法を用いた大腸内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
胃カメラ検査の予約は電話で出来ます。
大腸カメラの予約は診察が必要です。電話で予約できません。
お気軽にご相談ください。
休診日:木曜・日・祝