中学生のピロリ菌感染率は5%以下|ボノプラザン(タケキャブ)、アモキシシリン(サワシリン、アモリン)、クラリスロマイシン(クラリス)の3剤併用療法で一次除菌率成功率は83%

日本人の半数にあたる、
6000万人がヘリコバクターピロリに
感染しています。

しかし、感染率は世代によって大きくことなります。
ピロリ菌をもっている割合は
年齢に比例して急増、
70才以上では7割から8割以上の方がもっています。

ピロリ菌をもっているかどうかは、
生まれ時の衛生状況で決まります。

戦後のような
十分に上下水道整備されていないの生まれ
高率にピロリ菌感染

逆に、今の日本のように
上下水が完備され
きわめて衛生環境がよい時代なると
ピロリ菌感染率は、下がります

■若者のピロリ菌感染率

上下水道が完備され、経口糞便感染する病気は激減しています。
A型肝炎は経口糞便感染します。
昭和の時代は多くの人が感染、
急性肝炎をおこしたり、
しらない間に感染したりしていました。
その結果高齢者の多くはA型肝炎の抗体(感染すると陽性になる)をもっています。
逆に、上下水道が完備された環境で育った今の若者は
ほとんどA型肝炎の抗体をもっていません。

同じことがピロリ菌にもいえます。
高齢者は高率に陽性、
いまの若者は激減、

ある医学部の入学者を対象に
ピロリ菌有無を調べたところ、
陽性率7-8%でした。
いまの若者のピロリ菌陽性率は
10%を下まわっています。

■佐賀県での中学校3年生を対象としたピロリ菌検診

ピロリ菌を中学生や高校生のあいだにチェック
若いうちに、ピロリ菌を除菌
胃がんを撲滅する取り組みが
さまざまな自治体でおこなわれています。

佐賀県では中学校3年生を対象に
ピロリ菌検診が平成28年度からスタートしています。

このすばらしい取り組みの概要が日本ヘリコバクター学会誌に報告されていました。

佐賀県下の中学校3年生対象に
尿でピロリ菌チェック
陽性であれば、
便中ピロリ抗原で、再度、陽性であるか確認
陽性であればピロリ菌除菌
の流れです。

■中学校3年生のピロリ菌感染率

中学校3年生を対象とした佐賀県の胃がん撲滅プロジェクトでは

(引用:垣内俊彦、佐賀県における若年者からの胃がん撲滅プロジェクト、日本ヘリコバクター学会誌Vol19 No.2 2018年)

6994人中、ピロリ菌陽性は248人
中学校3年生のピロリ菌感染率は
3.5%!
極めて低い感染率でした。

医学部学生を対象とした検査結果が7-8%
医学部入学者の年齢が20才前後と考えると
20才前後の感染率が7-8%

佐賀県のプロジェクトの参加者が中学校3年生
15才前後の感染率が3.5%

20才以下の世代では、どんどん感染率が低下していることがわかります。

■中学校3年生を対象としたピロリ菌除菌プロジェクトの除菌成功率

ボノプラザン(タケキャブ)
アモキシシリン(サワシリン、アモリン)
クラリスロマイシン(クラリス)

の三剤併用療法をもちいています。
大人のピロリ菌と同じ方法です。

一次除菌成功率83%
二次除菌成功率100%

除菌に取り組んだ全員が除菌に成功しています。

ボノプラザン、アモキシシリン、クラリスロマイシンを用いた大人での一次除菌治療成功率は
90%前後です。
西宮市中島クリニックでの大人の一次除菌成功率は93%です。

大人にくらべて、小児の一次除菌成功率がやや低い印象ですが、
二次除菌は成功率100%とすばらしい結果です。

副反応は5.1%の生徒に認めたけれど、治療を要する重篤なものはなかったそうです。
副反応率は大人と同じく、軽微で安全な治療ということがわかります。

上下水完備、衛生状況改善によるピロリ菌激減
若年者に対する介入(ピロリ菌除菌)でのピロリ菌撲滅
今後さらに胃がんが減ることが予想されます。

ヘリコバクター・ピロリ起因の胃がん
撲滅される日は間近です。

ヘリコバクター・ピロリ起因の胃がん
が撲滅されたら、
頻度は低いながらも
幽門腺領域に好発する褪色陥凹印環細胞癌や
噴門部のSMT様胃底腺型の胃がん
などのピロリ未感染の胃がんが
最後の課題です。

胃がん撲滅まで、あと少しですね。

■まとめ
中学生3年生のピロリ菌陽性率は3.5%
佐賀県でのプロジェクトでは一次除菌成功率83%、二次除菌成功率100%、全員が除菌に成功している

胃・大腸の検査をバリウム検査や便検査だけですませていませんか

胃カメラ胃の検査をバリウム検査だけですませていませんか? 胃カメラ検査(胃内視鏡検査)でないと見つけられない病状あります。
胃カメラが怖いと思っている方も、中島クリニックでは鼻から入れる経鼻胃内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
大腸の検査を便検査(便潜血検査)だけですませていませんか? 大腸カメラでがんの早期発見、大腸ポリープを切除することで大腸がんの予防ができます。
大腸カメラが痛い検査と思っている方も、中島クリニックでは意識下鎮静法を用いた大腸内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
胃カメラ検査の予約は電話で出来ます。
大腸カメラの予約は診察が必要です。電話で予約できません。
お気軽にご相談ください。
休診日:木曜・日・祝