自転車通勤で健康増進|死亡リスクが4割も低下

「最近運動不足なので、
今日は自転車で来ました」

電車通勤のスタッフが
今日は自転車出勤していました。

この取り組み、ホントすばらしい!
Oさん、是非これからも自転車通勤つづけてください。

自転車通勤
気分もいいし、
何よりも体にいい、
心筋梗塞など血管が詰まる病気激減します。

■自転車通勤で死亡リスクが40%も低下

BMJ医学雑誌に掲載された
自転車通勤
徒歩
電車
を比較した報告があります。

●参考記事:自転車通勤は死亡率を下げる

車や公共機関で通勤する人と比べ、
自転車通勤は
死亡率を相対危険度で59%に低下
心筋梗塞など心血管系病気は48%に低下

死亡リスクが40%低下
心筋梗塞などの心血管系疾患が半分に減ります

自転車通勤おすすめです。

■自転車と大気汚染の関係、PM2.5曝露量

クリニックの近くであれば、
武庫川河川敷はのサイクリング最高です
自転車専用道路あり、安全
車と接触がないので、排気ガスの心配もありません

一方、同じ西宮市でも、
西宮市の東西に走る大きな道路
43号線沿いをサイクリングしている人
みかけますが、
ダンプカーやトラックが走っている横を
すり抜けて走るのは
危険かつ、
排気ガス大丈夫なのかと
心配してしまいます。

カナダでの研究ですが
交通量と自転車の関係を調べた報告がありました。

(Citation: Scott W et al. Traffic-Related Air Pollution and Acute Changes in Heart Rate Variability and Respiratory Function in Urban Cyclists. Environ Health Perspect. 2011 Oct; 119(10): 1373–1378.)

交通量が多い所
交通量が少ない所
屋内

UFP 0.1 μm 以下のUltrafine particles超微粒子
PM2.5 2.5 μm 以下の粒子
揮発性有機化合物 VOC Volatile organic compound
黒色炭素 black carbon
などの量を比較しています

交通量が多いところでは、
PM2.5、UFP、黒色炭素、
多量に暴露していることがわかります。

■自転車と大気汚染の関係、HRV(Heart Rate Variability)に与える影響

自律神経の状態をチェックするのに
HRV(Heart Rate Variability)
がよい指標となります

HRV(Heart Rate Variability)
高い方がよい数値です

この報告では、
さまざまな環境で自転車に乗って
1時間
2時間
3時間
4時間
を検討しています。
大気汚染がひどいエリアでは、
2-3時間でHRVが低下しています。

この結果は数時間だけの短期的な
影響をチェックしているだけで、
長期的な体への影響はわかりません。

とはいえ、
自転車乗るなら、
空気のきれいなところ、
排気ガスの少ないところ、
ですね。

■まとめ
自転車通勤で、死亡率、心筋梗塞など心血管系疾患の病気が激減。自転車通勤はやはり体によかった。
国道沿いなど排気ガスが多いところは避ける。

胃・大腸の検査をバリウム検査や便検査だけですませていませんか

胃カメラ胃の検査をバリウム検査だけですませていませんか? 胃カメラ検査(胃内視鏡検査)でないと見つけられない病状あります。
胃カメラが怖いと思っている方も、中島クリニックでは鼻から入れる経鼻胃内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
大腸の検査を便検査(便潜血検査)だけですませていませんか? 大腸カメラでがんの早期発見、大腸ポリープを切除することで大腸がんの予防ができます。
大腸カメラが痛い検査と思っている方も、中島クリニックでは意識下鎮静法を用いた大腸内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
胃カメラ検査の予約は電話で出来ます。
大腸カメラの予約は診察が必要です。電話で予約できません。
お気軽にご相談ください。
胃カメラ予約・大腸カメラ問合せは
休診日:日・祝