シングルファーザーは死亡率が高まる|カナダからのコホート報告

Lancet Public Health医学誌にこんな研究報告が発表されました

シングルファーザー
シングルマザー
同居の父親
同居の母親

4万490人の健康状態を調べた報告です。

シングルファーザー 871人
シングルマザー4590人
同居の父親16341人
同居の母親18688人

多くの方が予想される通り、
男性には、厳しい研究結果でした。

■配偶者と死別した方の健康状態を検討した過去の報告

過去にも男性、女性の健康状態を検討した報告は
多数あります。

シニアで配偶者が亡くなった後の男性、女性の寿命をしらべると、
奥さまが亡くなったら残された男性の死亡リスクが高まる
旦那さんが亡くなっても残された女性の死亡リスクはかわらず
の結果です。

男性にはなんとも辛い現実です。

奥さまが亡くなり、残された男性で高まる病気は
心筋梗塞などの、心血管系の病気のようです。

■シングルファーザー、シングルマザーのリスクを調べたコホート研究

グラフをみると結果は一目瞭然です。
これまた、男性にはなんとも辛い現実です。
4本の折れ線のうち
3年 6年 9年 12年と年月が経つ毎に死亡リスクが高まっている折れ線(茶色)がシングルファーザーです

(Citation: Chiu M et al. Mortality in single fathers compared with single mothers and partnered parents: a population-based cohort study. Lancet Public Health. 2018 Feb 14. pii: S2468-2667(18)30003-3)

その下の少しずつリスクが高まっているのが、シングルマザー。一番下の2本が同居の父、母です。

同居の父母と比べ
シングルファーザーはリスク明らかにアップ
シングルマザーは少しアップ
です。

シングルファーザーと
シングルマザーの比較では
シングルファーザー(男性)がシングルマザー(女性)
でリスクは3.34倍です。

男性にはなんとも辛い現実です。

■シングルファーザーの死亡リスクが特に高い理由

シングルファーザーの死亡リスクが高まる理由については、残念ながらこのカナダのコホート研究では明らかになっていません。
生活環境の変化
食生活の変化
様々な複合因子で特定は難しいのでしょう。

■生活習慣歴(Social History)としての結婚状態

論文のなかで著者は興味深い提言をしています。
今回の検討で、シングルファーザーが健康のリスクとして明らかになりました。
診察の時に
タバコを吸うかどうか
お酒をのむかどうか
などの生活習慣歴
に加えて、結婚状態も考慮してはどうかと。

プライバシーの問題あり、
現実に、診察の時に聞くのは
難しいことではあります。

シングルファーザーが健康リスクの一つとして
明らかになっています。
プライベートな内容ではありますが、
今後診察時には
生活習慣歴(Social History)としての結婚状態
必要時には確認していきたいと思います。

そして、若い時、元気な時から、
血圧や食生活に関して、アドバイスしていくのが
地域医療にたずさわる医師の大切な役割だと感じています。

■まとめ
シングルファーザーは健康リスクの一つ

胃・大腸の検査をバリウム検査や便検査だけですませていませんか

胃カメラ胃の検査をバリウム検査だけですませていませんか? 胃カメラ検査(胃内視鏡検査)でないと見つけられない病状あります。
胃カメラが怖いと思っている方も、中島クリニックでは鼻から入れる経鼻胃内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
大腸の検査を便検査(便潜血検査)だけですませていませんか? 大腸カメラでがんの早期発見、大腸ポリープを切除することで大腸がんの予防ができます。
大腸カメラが痛い検査と思っている方も、中島クリニックでは意識下鎮静法を用いた大腸内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
胃カメラ検査の予約は電話で出来ます。
大腸カメラの予約は診察が必要です。電話で予約できません。
お気軽にご相談ください。
胃カメラ予約・大腸カメラ問合せは
休診日:日・祝