麻しん(はしか)ブログまとめ

■麻しん(はしか)の合併症

沖縄で海外からの麻しん持ち込み感染が問題となっています。
空気感染する麻しんの基本再生産数(R0)は18
1人の感染者が18人に広める感染力です。

麻しん予防はワクチンが唯一の方法です。

麻疹はなぜ予防するべき病気なのか?
合併症が重篤な病気だからです。

麻しんに感染
4人に1人
入院が必要となる。

最も恐ろしい合併症が脳症です。
0.1% 1000人に1人脳症を合併。
0.2% 1000人に2人が命をおとす病気です。

ワクチンで麻しんは予防できます。

(Citation: Centers for Disease Control and Prevention The Pink Book)

■麻しん(はしか)過去ブログまとめ

●はしか(麻疹)が流行ると受ける相談、はしかの抗体調べたほうがいいでしょうか?|麻疹FAQ

●埼玉県たて続けに4人がはしか発症|麻疹(はしか)はワクチンによる感染予防が基本

●干し麻疹、風疹PCR検査の検体サンプリングについて|厚生労働省、麻しん風しんに関する特定感染症予防指針

●はしか(麻疹)輸出国から輸入国になった日本のとるべき行動|はしか(麻疹)ワクチン2回接種率の向上

●イタリアで麻疹患者数増加、他山の石以て玉を攻むべし|麻しんワクチン接種率95%以上が目標

●「はしか」に関する誤解を解いておくよ|麻疹感染拡大の注意喚起も必要だが、ワクチンによる予防が基本中の基本

●「麻しんワクチン」取り巻く状態、オイルショック時のトイレットペーパと同じ。落ち着いて取り組もう。

●「発熱」「発疹」が出たときするべき、たった一つの大切なこと

胃・大腸の検査をバリウム検査や便検査だけですませていませんか

胃カメラ胃の検査をバリウム検査だけですませていませんか? 胃カメラ検査(胃内視鏡検査)でないと見つけられない病状あります。
胃カメラが怖いと思っている方も、中島クリニックでは鼻から入れる経鼻胃内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
大腸の検査を便検査(便潜血検査)だけですませていませんか? 大腸カメラでがんの早期発見、大腸ポリープを切除することで大腸がんの予防ができます。
大腸カメラが痛い検査と思っている方も、中島クリニックでは意識下鎮静法を用いた大腸内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
胃カメラ検査の予約は電話で出来ます。
大腸カメラの予約は診察が必要です。電話で予約できません。
お気軽にご相談ください。
胃カメラ予約・大腸カメラ問合せは
休診日:日・祝