よくある質問:麻しん単独ワクチン、麻しん風しん混合ワクチンどちらがよいでしょうか?|麻しん風しん混合ワクチン(MRワクチン)接種をすすめる理由

■麻しんワクチン種類に関する相談

台湾から沖縄への持ち込みによる麻しん流行で 多くの方から、さまざまな相談をうけます。

麻しんワクチンどれを受けたらよいでしょうか?
これも、よくある質問(FAQ)です。

ワクチンには
・麻しん単独ワクチン
・麻しん風しん混合ワクチン(MRワクチン) があります。

麻しんワクチンの効果としては同じです。
・麻しん単独ワクチン
・麻しん風しん混合ワクチン(MRワクチン)
どちらで受けても、
麻しんに流行に備える接種としてはよいでしょう。

麻しん流行に備える接種としては、
麻しん単独、麻しん風しん混合ワクチン
どちらでもいい となるのですが、

「風しん」も数年サイクルで流行しています
記憶に新しいところでは
2012年にも兵庫県で「風しん」大流行しました。

「風しん」にも備えておく観点から 麻しん風しん混合ワクチン(MRワクチン) を接種 麻しんだけでなく 風しんの抗体価(免疫力)を高めておくことは 有用な選択枝と考えます。

現在社会問題になっているのは 「麻しん」ですが 散発的に流行する 「風しん(三日ばしか)」にも備えるために 麻しん風しん混合ワクチン(MRワクチン)を選択がよいのではないでしょうか。

今は、1才5才の定期接種 麻しん風しん混合ワクチン(MRワクチン)で接種しています。

しかし、少し前までは
麻しん単独ワクチン、 風疹単独ワクチン で
別々に接種していました。

麻しん、風しん、 別々に接種していた時代のお子さん 母子手帳をみると、
麻しんは接種しているけれど、
うっかり、風しんは接種し忘れていることあります。

なにが言いたいかといえば、
麻しんのワクチンでさえ、受けていなかったり 回数が不十分(1回しかうけていない)ことがあるのですが、
風しんはさらに手薄です。

麻しんの基本再生産数(Ro)は18と恐るべき感染力ですが
風しんの基本再生産数(Ro)も6-7とかなり強力です。
参考までにインフルエンザでさえ2弱です。

麻しん流行を機に、 麻しん風しん混合ワクチンで風しんにも備えておくことをおすすめいたします。

■麻しん血液検査(抗体検査)したほうがいいでしょうか?

こちらの記事をどうぞ

●よくある質問:麻しんの血液検査したほうがいいでしょうか?|麻しん抗体検査よりワクチン接種をすすめる理由

■麻しんが流行しているので、沖縄旅行キャンセルするほうが良いでしょうか。

こちらの記事をどうぞ

●よくある質問:麻しんが流行しているので、沖縄旅行キャンセルするほうが良いでしょうか。答え:沖縄を避けることより、ワクチンによる予防を優先

■まとめ:麻しんはワクチンによる予防が大切。麻しん風しん混合ワクチン(MRワクチン)で麻疹だけでなく、風疹にも備えておくことをおすすめします。

こちらも参考にどうぞ

●麻しん(はしか)ブログまとめ

胃・大腸の検査をバリウム検査や便検査だけですませていませんか

胃カメラ胃の検査をバリウム検査だけですませていませんか? 胃カメラ検査(胃内視鏡検査)でないと見つけられない病状あります。
胃カメラが怖いと思っている方も、中島クリニックでは鼻から入れる経鼻胃内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
大腸の検査を便検査(便潜血検査)だけですませていませんか? 大腸カメラでがんの早期発見、大腸ポリープを切除することで大腸がんの予防ができます。
大腸カメラが痛い検査と思っている方も、中島クリニックでは意識下鎮静法を用いた大腸内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
胃カメラ検査の予約は電話で出来ます。
大腸カメラの予約は診察が必要です。電話で予約できません。
お気軽にご相談ください。
胃カメラ予約・大腸カメラ問合せは
休診日:日・祝