ダイエットは最初の1ヶ月がポイント|一気に体重を落とすべきか、ゆっくりと体重を落とすべきか

糖尿病や高血圧、食事や運動による体重コントロールが効果的です。

病気の治療でなく、少しでもやせて、きれいになりたい、かっこよくなりたい、今年こそは夏に向けてダイエットすると心に決めたかたも多いでしょう。

ダイエットに関する、興味深い報告を紹介します。

ダイエットゆっくり体重を落とすのと、一気に体重を落とすのか、どちらが効果的か。

■ゆるやかなダイエットと一気に体重を落とすダイエット比較

ダイエット、ゆっくり体重を落とす、一気に落とす、どちらが効果的でしょうか?

ゆっくりと体重を落とした方が、リバウンドしづらくダイエットに成功する。

一気に体重を落とすと、リバウンドして、すぐにもとの体重にもどってします。

上記が私もふくめ、みんながもっているダイエットに対するイメージではないでしょうか。

診察の時も食事療法を頑張ります!と宣言する患者さんに、頑張り過ぎず、半年で体重3kgほど落とすのを目標に続けましょう、などと伝えていました。

この常識というかイメージを180度ひっくり返す報告があります。

一気に体重を落とした方が、ゆるやかに落とすより、ダイエットの効果が高いのです。

(Citation: Nackers LM et al. The association between rate of initial weight loss and long-term success in obesity treatment: does slow and steady win the race? Int J Behav Med. 2010 Sep;17(3):161-7)

■ゆっくりダイエット、中ぐらいダイエット、一気にダイエット比較

肥満女性(平均59.3才、BMI36.8)250人を減量スピードで、ゆっくり、中ぐらい、一気にの3群に分けて比較しています

・ゆっくりは0.23kg/週以下、月0.92kg以下・中ぐらい0.23~0.68kg/週・はやくは0.68kg/週以上、月2.72kg以上

最初の1ヶ月間の体重減で3グループに分けています。

最初の6ヶ月間、食事を中心にダイエット指導、その後12ヶ月間はケアプログラムのみで様子見。

はやくダイエットした人は、よういにリバウンドして体重は元の木阿弥。ゆっくりダイエットした人は、リバウンドせず、体重減維持。の結果とおもいきや。

結果は全く逆でした。

最初の1ヶ月にはやいペースで体重落としたグループが、6ヶ月後に一番体重減っていて、さらに1年半後もほとんどリバウンドせず体重が一番へっていました。

ゆっくり体重を落とした方が、リバウンドせずダイエットに成功するわけでもないようです。

最初の1ヶ月にグッと体重が落ちると、ダイエット頑張った効果が体感でき、その後の生活スタイルがよい方向にかわるのがダイエット成功のひけつなのでしょうか。

この報告で注目するべきは、6ヶ月のダイエット後の過ごし方です。面談、電話、手紙など何らかの方法で月2回、ダイエットをした方に連絡をとり続けています(ケアプログラム)。月2回の連絡が、ほとんどリバウンドせずにすごせた影の立役者だと思われます。

ごくごくシンプルにまとめるとすると、

ダイエットは最初1ヶ月とくに頑張る、

目に見えて体重減、

とにかく6ヶ月間ダイエット続ける、

その後は誰からでもでもいいので時々励まされながら、リバウンドしないように意識して生活ですね。

■まとめ
・ダイエットは最初に1ヶ月がポイント
・最初の一ヶ月はやいペースで体重を落としたほうが、ダイエットに成功する

胃・大腸の検査をバリウム検査や便検査だけですませていませんか

胃カメラ胃の検査をバリウム検査だけですませていませんか? 胃カメラ検査(胃内視鏡検査)でないと見つけられない病状あります。
胃カメラが怖いと思っている方も、中島クリニックでは鼻から入れる経鼻胃内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
大腸の検査を便検査(便潜血検査)だけですませていませんか? 大腸カメラでがんの早期発見、大腸ポリープを切除することで大腸がんの予防ができます。
大腸カメラが痛い検査と思っている方も、中島クリニックでは意識下鎮静法を用いた大腸内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
胃カメラ検査の予約は電話で出来ます。
大腸カメラの予約は診察が必要です。電話で予約できません。
お気軽にご相談ください。
胃カメラ予約・大腸カメラ問合せは
休診日:日・祝