初めての大腸カメラ|前日いつも通り仕事できますか?

生活が豊かになり、食事が高脂肪、高カロリー化してきています。食の充実とうらはらに、増えてくる病気があります。
大腸がんです。
大腸がんは食生活の変化にともない急増、

男女併せて全体で癌死亡率ワースト2が大腸癌、

女性では癌死亡率の1位が大腸がんとなっています。

大腸カメラによる、大腸がんの早期発見、大腸ポリープ切除が今後ますます重要となってきます。

大腸カメラを受けたい、大腸カメラが大切、頭で理解して分かっていても、さまざまな理由で足が遠のいてしまうかもしれません。

大腸カメラを受けにくい理由

大腸カメラは痛いイメージがある 
そんなことありません→https://www.nakajima-clinic.com/medical/coloncamera/ 

受ける時間がない
前日は通常通りの生活や仕事ができます。
検査当日1日ゆったりと過ごせる時間をつくっていただければ
検査できます。翌日は通常通り生活できます。

 

大腸検査に必要な2つの大事なこと

大腸検査で大切なことが2つあります。
1つは、大腸検査をする医師の経験、判断力、病変を的確に診断する眼力です。
当たり前ですね。

もう1つは、話題になることがあまりないのですが、大腸検査の「準備(前処置)」も内視鏡技術と並んで大切です。

大腸カメラで腸の中を検査する時に、便が残っていれば、精緻な検査のさまたげとなります。

前処置をしないと大腸は便で満たされています。
これを取り除いて検査できる状態にします。

キノコや消化が悪いものを検査前にたべると、腸の中に残ってしまいます。

大腸検査の時に、キノコやスイカの種などが腸に残っている人にお会いすることがまれにあります。
聞くと、大丈夫かなと思って実は昨日スイカ食べました。。。みたいな会話となります。

検査前に大腸に残渣が残りにくい食事、低残渣食(ていざんさしょく)を食べることが、より精密な大腸検査につながります。

中島クリニックでは検査前日は、低残渣食を導入しています。
低剤残渣食というと難しく響きますが、翌日の検査支障をきたさない食事キットです。
前日昼、前日夕方、検査準備食をたべます。

そして検査当日、1.5リットル~2リットルの洗腸液を飲んでいただき、腸をきれいにします。

精密な検査のためには、医師の技術とならんで、前処置が大切です。中島クリニックでは、前処置の改善に常に取り組んでいます。

クエン酸マグネシウム等張液(マグコロールP)とポリエチレングリコール高張液(モビプレップ配合内用剤)の大腸内視鏡検査前処置効果のランダム化比較および各薬剤の特性検討

中島先生!
私大腸カメラの前日仕事が忙しくて休めないんですが、前の日はいつも通り仕事ができるんでしょうか。

 

いつも通り仕事できますよ。
前日、用事を避ける、仕事を休む必要は全くありません。
前日いつも通りの生活できます。
大腸カメラを受ける時は、大腸の中をからっぽにする前処置が極めて大切です。その準備として、前日検査食を食べていただいております。

 

 

検査食って、外出先でも食べられますか?

 

 

前日の朝、いつも通り朝食OKです。
昼食は検査食を食べていただきます。
パック食になっていますので、外出先、勤務先でも食べられます。
夕食も検査食を食べていただきます。パック食ですのでどこでも食べられます。前日、昼、夜、検査食を食べる必要ありますが、パック食となっていますので、外出先で食べられます。

 

大腸検査は午後からですよね?
検査当日の午前中は仕事に行けますか?

 

検査は午後からですが、午前中検査準備がありますので、仕事はできません。検査当日は、午前午後ともゆっくりと過ごせる時間を確保してください。
検査は午後からですが、午前中は洗腸液を飲んで何度もトイレに行くので仕事はできません。

検査当日、朝から1.5リットル~2リットルの洗腸液を飲んで腸の中を洗います。
洗腸液を飲み始めて、早い方だと1時間、遅い方でも2時間もすれば何度もトイレに行きます。
10回前後はトイレで便を出して、最後は透明な液しか出ないぐらいに腸の中がきれいになります。

腸がきれいになったら、午後から大腸検査です。
検査当日は、午前もゆっくりと過ごせる時間を確保してください。

 

大腸検査、翌日は仕事できますか?

 

はい、検査翌日は仕事できます。
翌日の安静度は検査の内容で少し異なります。大腸検査の時観察のみ
大腸に病変なく観察のみの時は、翌日生活の制限ありません。


大腸検査の時に生検をしたとき

大腸にポリープや病変があり生検(組織をとる検査)施行した場合も翌日生活の制限ありません。

大腸検査の時に、ポリープや病変を切除(処置)したとき
翌日デスクワークなど通常の生活は大丈夫です。
切除した所からの出血予防のため、アルコールは1週間飲めません。
スポーツジム、テニス、ゴルフなど腹圧がかかる運動を1週間避けてください。

おまけ、チアシード

最近、大腸カメラをしていて、大腸の中に小さな黒いつぶつぶが残っている人が時々あります。

胡麻のような、スイカの種が小さくなったような、もっと言うとすれば、余りよい例えでなくて恐縮ですが、カエルの卵のような粒です。

なんだろうと、ずっと思っていたのですが、スタッフが教えてくれました。

「先生、チアシードですよ」

美容に全く関心のない私は知らなかったのですが、世間では美白、ダイエットに良いとチアシードが流行っているようです。

メキシコなどで栽培されているチア(chia)という植物の種(seed)を美容のためにヨーグルトなどと一緒に食べると、食物繊維がとれるのが魅力。

チアシードが美容のために良いかどうかは別として、チアシード大腸検査の天敵です。

腸のなかに散在するカエルの卵のみたいなチアシードのつぶつぶ、内視鏡の視野妨げとなります。検査の時に、残っている腸内のチアシードを掃除機のように吸って取り除くのですが、このつぶつぶが内視鏡の吸引孔を目詰まりさせることがあります。

チアシードが腸に残っている方にどれぐらい前に食べたか聞いてみました。

ほとんどの人は検査2日以上前でした。
それでチアシード残っていることがあります。

大腸検査の数日前、できれば1週間前からはチアシード避けた方がよいですね。

まとめ

大腸検査のために必要な時間、生活制限

検査前日
検査前日昼、夜検査食をたべる必要ありますが、通常通りの生活できます。仕事も通常通りできます。

検査当日
午前中、洗腸液を自宅で飲んでいただきます
午後、大腸検査
検査当日は、終日ゆったりと過ごせる時間を確保してください。

検査翌日
通常通り、仕事できます。デスクワークの制限なし。
大腸ポリープを切除した時は、運動、アルコールは1週間禁止です。

大腸カメラ、検査当日1日は仕事、予定を外して時間を確保していただく必要ありますが、前日、翌日は通常通り生活できます。

胃・大腸の検査をバリウム検査や便検査だけですませていませんか

胃カメラ胃の検査をバリウム検査だけですませていませんか?
胃カメラ検査(胃内視鏡検査)でないと見つけられない病状あります。
胃カメラが怖いと思っている方も、中島クリニックでは鼻から入れる経鼻胃内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
大腸の検査を便検査(便潜血検査)だけですませていませんか?
大腸カメラでがんの早期発見、大腸ポリープを切除することで大腸がんの予防ができます。
大腸カメラが痛い検査と思っている方も、中島クリニックでは意識下鎮静法を用いた大腸内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
胃カメラ検査の予約は電話で出来ます。
大腸カメラの予約は診察が必要です。電話で予約できません。
お気軽にご相談ください。
胃カメラ予約・大腸カメラ問合せは
休診日:日・祝