下剤テイスティング第3弾、便秘に効く漢方薬|麻子仁丸は個性的な香りがする

ニフレック、マグコロールP、モビプレップなど大腸カメラ前下剤の味比べについて熱く語っていると、友人からありがたくも、尊敬?呆れから「下剤ソムリエ」の称号をいただきました。

 

好評、大腸下剤味シリーズ第3弾をお届けいたします。

 

麻子仁丸、大黄甘草湯、漢方薬味比べ

 

下剤ソムリエの名に恥じぬよう?

便秘に効く漢方薬をテイスティングしました。

 

ある患者さんとの会話がきっかけで、テイスティングすることになりました。

 

患者さん:先生からもらった漢方薬、体には合っていて、便の調子はいいけれど、あの匂いが辛くて辛くて

 

私:麻子仁丸飲みづらいですか

 

 

患者さん:飲みづらい訳ではないのですが、あと味がどうも

 

 

困っている話を聞いたら、下剤ソムリエ魂がだまっていません。患者さんの気持ち知る必要あります、夜診を終えて、さっそくテイスティングしました。

 

今回味見したのは、麻子仁丸、大黄甘草湯です。

封を切ると漢方薬特有の香りがします。

ここまでは予想通りです。

みなさんが想像する漢方薬のにおいです。

 

まず、大黄甘草湯から味見してみました。

みなが想像する通りの漢方薬のにおいです。

味は、少し苦みがあるものの後味の悪さはありません。

わずかに甘くて、すこし渋い味です。

次に患者さんが後味が、と言っていた麻子仁丸です。

 

封を切ると、みなが想像する通りの漢方薬の香りに、
なんだか余分な香りが1種類加わっている印象です。

 

口の中にいれてみて、余分な香りの正体がわかりました。
「お菓子の八つ橋」みたいな香りです。
「八つ橋」のような「杏仁豆腐(あんにんどうふ)」のような香りです。

そうです

「ニッキ(シナモン)、杏仁(あんにん)」みたいな香りが混ざっているのです。

私はニッキが入っているお菓子や杏仁豆腐大好きなので、飲みづらさ全くありませんでしたが、ニッキが苦手な方は麻子仁丸うけつけない味ですね。

麻子仁丸の生薬成分は、マシニン、キョウニン、ダイオウ、シャクヤク、コウボク、キジツです。

キョウニンとその他生薬の香りが混ざって、特有の香りを放っています。好みの分かれる味です。

麻子仁丸美味しく感じたので、思わず一袋2.5g全部のんでしまいそうになりましたが、効きすぎて、お腹ピーピーで翌日仕事に支障をきたしたら困るので、何口かなめるだけjの少量味見で漢方テイスティング終えました。

 

7人に1人が悩んでいる便秘

 

7人に1人は便秘で悩んでいます。

たかが便秘、されど便秘です。

トイレに頻回走る下痢もつらいですが、いきまないと出ない便秘もつらいものです。

 

つらいだけでなく、便秘で心筋梗塞や脳卒中など血管が詰まる病気のリスクが高まります。

 

 

トイレで過度にお腹に力をいれて、いきみ、体に負担がかかるからです。

 

参考記事

便秘で脳卒中、心筋梗塞が増える|ひどい便秘で心血管疾患リスクは1.4倍

 

 

快便のために、運動を含め規則正しい生活習慣が基本ですが、どうしても出ないときには薬の力を借りることも必要です。

 

便秘の治療

 

便秘治療薬はながらく、プルゼニド、ラキソベロンなどの刺激性下剤が中心でした。

大腸を刺激して動かし、便を出します。

直接大腸を刺激するので最初はよく効くのですが、長く使っていると体がなれて段々が効果がうすれてくるのが難点です。

刺激性の下剤は効きすぎて腹痛が出ることがあるのも課題のひとつです。

最近はアミティーザ(ルビプロストン)、リンゼス(リナクロチド)、グーフィス(エロビキシバット)などの便秘薬や便秘型の過敏性腸症候群を改善する薬が使えるようになっています。

刺激性の下剤とことなり、自然な排便が体感できることが特徴です。

 

自然な排便をうながす薬として漢方薬も有効な治療です。

ダイオウ、マシニン、キョウニンなどの生薬成分は瀉下作用をもちます。

麻子仁丸、大黄甘草湯で自然な便通を体感できます。

生活習慣の改善、体にあう便秘薬の選択が治療の中心です。

 

便秘に大腸がんや他の病気が隠れていないか大腸カメラは必要

 

便秘は、ストレス、生活習慣の変化、加齢などが原因で、ウオーキング、食生活見直し、薬などで改善します。

 

注意する必要があるのは、何か病気が隠れていて、その結果としてなる便秘です。

 

甲状腺は首のところにあるわずか20g程度の臓器ですが体にとって非常に重要なホルモンを出しています。

甲状腺ホルモンが減ると便秘になります。

採血で甲状腺ホルモンは簡単にチェックできます。

 

便秘と自分で判断していると、大腸がんやその他の病気で腸が細くなって便秘となっていることがあります。

単に便秘と判断する前に、大腸カメラで他の病気が隠れていないかチェックすることは大切です。

 

西宮市中島クリニックでは、しつこい便秘の方には、大腸カメラと甲状腺ホルモンのチェックをお勧めしています。

 

まとめ

7人に1人が悩んでいる便秘、便秘薬には多くの種類があります。

かかりつけ医と相談合う薬を見つけましょう。

便秘と思っていたら大腸がんやその他の病気が隠れていることがありますので、便秘と自己判断する前に大腸カメラでのチェックは必要です。

胃・大腸の検査をバリウム検査や便検査だけですませていませんか

胃カメラ胃の検査をバリウム検査だけですませていませんか?
胃カメラ検査(胃内視鏡検査)でないと見つけられない病状あります。
胃カメラが怖いと思っている方も、中島クリニックでは鼻から入れる経鼻胃内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
大腸の検査を便検査(便潜血検査)だけですませていませんか?
大腸カメラでがんの早期発見、大腸ポリープを切除することで大腸がんの予防ができます。
大腸カメラが痛い検査と思っている方も、中島クリニックでは意識下鎮静法を用いた大腸内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
胃カメラ検査の予約は電話で出来ます。
大腸カメラの予約は診察が必要です。電話で予約できません。
お気軽にご相談ください。
胃カメラ予約・大腸カメラ問合せは
休診日:日・祝