緑内障と診断されたら「開放」か「閉塞」を聞くワケ

緑内障とは眼圧(眼の中の圧)が高くなることで眼の奥にある視神経が傷んで視野が狭くなる病気です。

緑内障は早期に発見して、早期の予防が大切な病気です。

40歳以上の20人に1人、5%が緑内障を患っているとの報告もあります。

決してまれな病気ではありません。

 

さらには、眼圧が正常でも視神経が傷んで視野が狭くなる緑内障をおこす「正常圧緑内障」ということもあります。

眼圧が高くなるのが緑内障だったのですが、眼圧が高くなくても緑内障なのです。ちょっと分かりづらいですが。

 

薬のなかには「緑内障」があると緑内障発作をおこすことがあるので、併用できない薬があります。

緑内障全てに注意する必要があるわけではなく、緑内障でも「閉塞隅角緑内障」があると併用できないのです。

 

緑内障と診断されたら、自分の緑内障がどのタイプであるのかを主治医の先生に確認しておきましょう。

 

緑内障にはタイプがある

緑内障には大きくわけて「閉塞隅角緑内障」と「開放隅角緑内障」があります。

 

緑内障と診断されたら、眼科主治医の先生に、どのタイプの緑内障か必ず聞いて知っておきましょう。

閉塞隅角は「へいそくぐうかく」と読みます。

 

眼球の前のところには、房水(ぼうすい)とよばれる液体が潅流しています。
この循環している液体は隅角とよばれるとことで吸収されています。

 

房水(ぼうすい)の出口である隅角が狭くて緑内障発作をおこすことがあるタイプが「閉塞隅角緑内障」、発作のリスクがほぼないのが「開放隅角緑内障」です。

 

緑内障発作は、抗コリン作用をもつ薬が発作の引きがねとなることがあるため、「閉塞隅角緑内障」をもっている方には禁忌薬(使ってはいけない薬)です。

 

一方、同じ緑内障でも開放隅角であれば、抗コリン作用をもつ薬の併用は全く問題ありません。

 

なぜ自分の緑内障タイプを知っておく必要があるのか

 

胃カメラ検査や大腸カメラ検査の前には必ずドックなどで「緑内障」をもっているかの問診があります。

ドックでおこなう胃バリウム検査(胃透視検査)の時にも「緑内障」の有無を確認します。

 

胃や腸の動きを少なくして、精密な検査を行うために「ブスコパン」という薬を注射します。
胃や腸の蠕動運動をおさえる「ブスコパン」が緑内障の方には使えないのです。

正確には緑内障全てではなく、緑内障の中でも閉塞隅角緑内障です。

 

ブスコパンには「抗コリン作用」があり緑内障発作を起こすことがあるために、禁忌とされております。禁忌とは使えない、ということです。

 

緑内障の方に使えない薬としてはブスコパンの他に、抗ヒスタミン剤入の風邪薬、リン酸コデインなどが入っているかぜ薬(市販のかぜ薬の多くに入っている成分です)、ベンゾジアゼピン系の薬(睡眠薬、安定剤)、抗アレルギー薬その他多数あります。

 

では、緑内障があればかぜ薬や花粉症の薬(抗アレルギー薬)も飲めないのでしょうか。

 

上に書いたように、緑内障全てが服用できないわけではありません。

 

緑内障には大きく分けて2種類あり

 

 

・開放隅角緑内障(かいほうぐうかく)

・閉塞隅角緑内障(へいそくぐうかく)

 

 

どちらであるかが、他の薬を併用するときに大切です。

 

・開放隅角緑内障

・閉塞隅角緑内障(緑内障発作を起こしうるタイプ)

 

開放隅角緑内障であれば、薬の併用気にする必要はありません。

 

実際問題として緑内障の多くは(90%)開放隅角緑内障(緑内障発作を起こさないタイプ)なので併用薬を気にしすぎる必要はありません。
しかし、医療の現場では「緑内障」であれば、多分大丈夫だろうという判断で抗コリン作用薬は処方しません。万が一のリスクを考えて抗コリン作用薬を避けます。

結果、治療薬の選択枝が狭まることとなってしまいます。

 

開放隅角緑内障であることが確認できれば、胃カメラ、大腸カメラ検査のときに「ブスコパン」を使うことができます。

 

開放」「閉塞」どちらかを患者さん自身が知っておくことは大切です。

 

緑内障でも抗コリン薬が使えるとき

 

抗アレルギー薬、睡眠薬、その他市販の風邪薬など実に多くの薬の注意書きをみると

「緑内障」禁忌(服用禁止)や最新の薬剤添付文書であれば「閉塞隅角緑内障」禁忌と書かれています。

 

緑内障発作の心配がまずないのは以下の場合です

 

 

・眼科主治医の先生に「開放隅角緑内障」(かいほうぐうかく)であり閉塞隅角緑内障で『ない』と診断されているとき

・閉塞隅角緑内障でも、レーザー虹彩切開術を受けているとき

・白内障の手術を受けているとき

 

 

レーザー虹彩切開術や白内障の手術を受けていると、抗コリン薬を併用しても緑内障発作を起こすことはまずないと判断できます。

 

緑内障で「開放」か「閉塞」がを主治医に聞くワケ

緑内障があると、抗アレルギー薬、睡眠薬、胃カメラや大腸カメラの時に使う薬(ブスコパン)が使えないことがあります。

これらの抗コリン作用をもつ薬は緑内障があると使えないわけでなく、緑内障のなかでも緑内障発作をおこす閉塞隅角緑内障だけが併用できません。

 

しかし、「緑内障」治療中とだけの情報しかなければ、発作のリスクを避けるために抗コリン作用をもつ薬が使えなくなります。結果、治療の選択枝が狭まることになります。

自分の緑内障が「開放」か「閉塞」どちから眼科主治医の先生に是非ご確認ください。

 

胃カメラ検査、大腸カメラ検査を予定されている方で緑内障治療中の方は、事前に眼科主治医の先生に「開放」「閉塞」どちら?と確認しましょう。

 

 

胃・大腸の検査をバリウム検査や便検査だけですませていませんか

胃カメラ胃の検査をバリウム検査だけですませていませんか?
胃カメラ検査(胃内視鏡検査)でないと見つけられない病状あります。
胃カメラが怖いと思っている方も、中島クリニックでは鼻から入れる経鼻胃内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
大腸の検査を便検査(便潜血検査)だけですませていませんか?
大腸カメラでがんの早期発見、大腸ポリープを切除することで大腸がんの予防ができます。
大腸カメラが痛い検査と思っている方も、中島クリニックでは意識下鎮静法を用いた大腸内視鏡検査を行っていますので楽に受けていただけます。
胃カメラ・大腸カメラの予約は電話、インターネットでできます。
お気軽にご相談ください。
胃カメラ予約・大腸カメラ問合せは
休診日:日・祝