内科全般」カテゴリーアーカイブ

逆流性食道炎の診断と治療|抗血小板薬/抗凝固薬内服中のPPI適応について|長期PPI服用の課題

有志グルーブでの勉強会で逆流性食道炎の診断と治療|抗血小板薬/抗凝固薬内服中のPPI適応について|長期PPI服用の課題についてお話をしたときのスライドをシェアいたします。 ■酸分泌関連 薬の歴史 ■症例提示 ■抗血小板薬 […]

202/2021冬シーズンのインフルエンザワクチン株|新型コロナウイルス感染症の流行が懸念される時期の診療体制

例年、秋から冬にかけてインフルエンザが流行します。今年は新型コロナウイルス感染症の流行とインフルエンザが重なることが心配される状況です。 新型コロナウイルス感染症もインフルエンザも発熱や咳といったいわゆる風邪の症状から始 […]

睡眠について知る|よりよい睡眠のための7つの生活習慣

ストレス社会となった現在、不眠症状を有する大人は人口の20%とも言われています。 不眠とは寝つきが悪いだけでなく、夜中に起きてしまう、朝早く起きてしまう、眠りが浅く熟眠感がないなどの状態をさします。 不眠が原因となって日 […]

新型コロナウイルス感染症(COVID-19) の危険因子|年齢、基礎疾患、性別

中国武漢で報告された新型コロナウイルス感染症は東南アジアに年年明けから広がっていましたが、ヨーロッパにも広がってしまっています。 世界保健機関WHOのテドロス事務局長は3月11日、新型コロナウイルス感染拡大について「パン […]

ラーメン店が多い地域ほど脳卒中が多かった。フレンチ、イタリアン、そば、うどん店、ファーストフードは相関なかった。

食習慣と寿命そして病気の関係は昔から検討されています。 これらを調べるためには個人個人の病気寿命を見ていては検討することができません。 そこで用いられるのは疫学調査と言って何百人何千人何万人という集団を見て病気や寿命と関 […]

コーラ飲料で骨がとけるという都市伝説は本当か

こどもの頃にコーラーを飲むと骨がとけると親に言われた方いるのではないでしょうか。コーラーの見た目、茶色い色、きつめの炭酸がそのような印象を与えているだけではないかと、こども心に思っていました。 単にコラーをこどもに飲ませ […]

座りっぱなし生活はがん、心筋梗塞をはじめとした病気のリスクを高める|仕事で座りっぱなしの人は仕事の合間に30分の軽い運動を取り入れよう

■長時間の座りっぱなし生活は、心臓や脳血管疾患のみならず、がんのリスクも高める 長時間の座りっぱなし生活は、さまざまな病気のリスクを高めることが知られています。 座りっぱなし生活でカロリーをあまり消費しない生活は、糖尿病 […]

アルコールを愉しまれる方々へ残念なお知らせです。飲酒に適量はないとの報告|健康リスクはアルコール摂取量にしたがって上昇

百薬の長ともいわれるアルコール。一日の疲れを癒やすお酒。 私はお酒を毎日飲むわけではないですが、仕事が終わった後のアルコール最高ですね。 今までは、アルコールには安全域値(ここまでは飲んでもOKの量)があると言われていた […]

腕立て伏せが40回以上できると心血管病気リスクが低い|腕立て伏せ回数が健康チェックの項目となりうるのか

だれもで簡便に何回できるか数えることができる腕立て伏せ。 こんな単純な評価が、心血管疾患と逆相関があったというお話。 男性消防士のみに限定の結果なので、一般論としてとらえるのは拙速すぎますのでご了解を。 何十年ぶりに腕立 […]

糖尿病HbA1cは季節変動する。一番血糖が上がるのは2月3月|寒い冬こそ健康のために家にこもらず出かけよう

病気には季節の影響をうけるものがあります。血圧値はその最たるものです。 暑い夏は、脱水傾向もあり血圧は冬に比べて低めになる傾向があります。一年中同じ量の薬を飲むわけでなく、夏に血圧の薬が減量出来る方もあります。 血圧値ほ […]

C型肝炎インターフェロンフリー治療(DAA)で肝がん、死亡リスク低下|1万例コホートで全死亡リスクが52%低下

1989年にアメリカのカイロン社によって発見されたC型肝炎ウイルス、インターフェロンを中心に治療が行われてきました。 2015年以降、直接ウイルスに作用してウイルスを消す治療が(インターフェロンフリー治療DAA)が使える […]

アメリカ医師、ライフスタイルと幸福度調査2019年|アルコール、運動、アメリカの医師に人気の車

前回ブログの続きです。 ・アメリカ医師、ライフスタイルと幸福度調査2019年|幸福度、自尊心 ・アメリカ医師、ライフスタイルと幸福度調査2019年|結婚生活、インターネット使用時間 医療情報専門サイトMedscape.c […]

アメリカ医師、ライフスタイルと幸福度調査2019年|結婚生活、インターネット使用時間

前回ブログの続きです。 ・アメリカ医師、ライフスタイルと幸福度調査2019年|幸福度、自尊心 医療情報専門サイトMedscape.comが毎年医師のライフスタイルついて調査をしています。 、 29の専門分野の医師15,0 […]

三重県津市での麻しん|空気感染する麻疹ウイルス基本再生産数(R0)18の感染力

三重県ホームページに昨年末に三重県津市の民間団体の施設で開催された研修会の参加者49人から26人の麻しん患者さんが集団発生していることが報告されています。 (三重県津市ホームページ追加報告あり、感染20人から22人へ記事 […]

ひと動物の距離感|カプノサイトファーガ感染症、人と動物共通感染症ズーノーシス

妊婦さんが特に注意する必要があるネコからのトキソプラズマ症、カメや爬虫類からのサルモネラ感染症など、人と動物の距離感が近くなったことによる感染症が増えてきています。 ペットを飼っている人の原因不明の高熱を診たときに、頭の […]

長生きの秘訣、楽観的なひと、悲観的なひと

病院で、血圧が高いので塩分をひかえましょう、糖尿病予備軍なので甘いものをひかえましょう、など食生活に関するアドバイスをうけること多々あるかと思います。 糖尿病、高血圧、高脂血症、病気を治療するところが病院ですので、当然で […]

心不全患者さんは毎年のインフルエンザワクチン接種が効果的|死亡率を改善する効果あり

■インフルエンザワクチンには重症化予防効果がある 天然痘が天然痘ワクチンにより地球上から撲滅できたように、ワクチンによる予防は感染症に絶大な効果があります。 麻疹(はしか)風しん(三日ばしか)もワクチン接種で、予防できま […]

緊急現行犯逮捕 。アニサキス|原因不明じんましんアニサキスIgEチェック

■しめ鯖たべて、深夜にのたうち回る胃の激しい痛み 「先生、今日胃カメラしてもらえますか?この痛みアニサキスだと思うんです。夜中に痛みとじんましんが同時にでて、前にも同じ痛みあってその時と同じなんです」 アニサキスこの言葉 […]

鶏肉の生は危険、カンピロバクター腸炎の原因|1000に1つのロシアンルーレット、恐い合併症ギランバレー症候群

「風邪ひいたぐらいで病院行ったことないのですが、お腹が痛くて、痛くて、我慢できず来ました」 ぐったりとして、発熱、腹痛、下痢で学生さんが来院。 普段元気にすごしている若い方の、発熱、腹痛、下痢、まず確認するべきことは、過 […]

健康のためにと思っているドリンク、糖分大丈夫ですか?|トマトジュースには糖分が4%も入っています

患者さんと連日トマトジュースの話をしています(笑)。 高血圧、コレステロールによいと、トマトジュース静かなブームのようです。 ■糖尿病が突然悪くなった患者さん 胃カメラの検査が終わった後に患者さんから言いにくそうにこんな […]

ゴルフは健康にいいのですか?|ドライバーショット、バターにご注意

ウオーキング、通勤、ショッピングどんな形でも歩くことが万病予防につながります。 座りっぱなしの生活はみんなが思っている以上に体に負担かかっていますよ、などと患者さんに話していたら、ではゴルフはどうですか?と聞かれます。 […]

歩くことを習慣にする方法|モールウオーキング

医者は診察の時に健康のために毎日歩きなさいと気軽に患者さんに言います。 もちろんこれはその通りです。糖尿病、高血圧全ての病気に歩く事は非常に有効です。座りっぱなしの生活が、さまざまな病気、さらには癌までも増えることが分か […]

国際化と看護|日本と世界で実践するグローバルな看護をめざして

ポストに分厚い郵便物が入っていました。封を切ると発刊されたばかりの「国際化と看護~日本と世界で実践するグローバルな看護をめざして~」が届いていました。今月上梓されたばかりの本です。 ■医療通訳者の研修風景 医療通訳者の研 […]

肺炎に抗菌薬(抗生物質)を投与しない選択とは|成人肺炎診療ガイドライン2017一般社団法人日本呼吸器学会

細菌性肺炎に抗菌薬(抗生物質)投与、当然の治療です。聴診、レントゲンや臨床症状で肺炎の診断します。診断の次は重症度を判断。通院で治療するか、入院が必要か判断します。そして、抗菌薬(抗生物質)の投与です。 2017年の日本 […]